意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「図無し」の意味とは!類語や言い換え

「図無し」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「図無し」という言葉を使った例文や、「図無し」の類語を紹介して行きます。

図無し

Meaning-Book
「図無し」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「図無し」とは?
  • 「図無し」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「図無し」を使った例文や短文など


「図無し」とは?

「図無し」という言葉を知っているでしょうか。

周囲に「彼は図無しな大きさだ」と感じるような人がいるかもしれません。

一方で、「図無し」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「図無し」という言葉の意味を紹介します。

  • 「図無し」の読み方
  • 「図無し」の意味

「図無し」の読み方

「図無し」「ずなし」と読みます。

特に難しい漢字は使われていませんが、見慣れない言葉のため、読み方が難しいかもしれません。

これを機会に「図無し」「ずなし」と読みましょう。

「図無し」の意味

「図無し」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「図無し」には、「際限のない様子」という意味や、そのような人という意味があります。

「彼は図無しな大きさだ」という時は、彼は際限なく感じるような大きさの人だという意味があります。

このように「図無し」には「際限のない様子、またはそのような人」という意味があります。



「図無し」の類語や類似表現や似た言葉

次に「図無し」の類語や類似表現を紹介します。

「図無し」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「底抜け」【そこぬけ】
  • 「無尽蔵」【むじんぞう】

「底抜け」【そこぬけ】

「底抜け」には「程度が並はずれていて、際限がないこと」という意味があります。

「底抜けに明るい性格」という時は、その人の性格が並はずれて明るいという意味があります。

「底抜けのお人よし」「底抜けに騒ぐ」などという使い方をします。

「無尽蔵」【むじんぞう】

「無尽蔵」には「いくらとってもなくならないこと」という意味があります。

「無尽蔵なスタミナ」は、どれだけ消耗しても尽きないスタミナという意味になります。

「図無し」を使った例文や短文など

続いて「図無し」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「図無し」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「図無し」を使った例文1
  • 「図無し」を使った例文2

「図無し」を使った例文1

「彼の胃袋は『図無し』だ」

この例文に登場する彼は、とても大食いで、胃袋の容量が際限ないように見えるのではないでしょうか。

大食いのテレビ番組で活躍しているような人の胃袋は、際限がないように見えるため、「図無し」と表現できそうです。

「図無し」を使った例文2

「彼女に別れを切り出すと、『図無し』に泣き続けた」

この例文は男女の別れを文章にしたものです。

男性が別れを切り出すと、彼女が際限ない様子で泣き続けたという意味があります。

彼のことが好きな気持ちが多ければ多いほど、泣きやむことがないかもしれません。



icon まとめ

「図無し」という言葉について見てきました。

誰かの行為が際限ない様子な時、また際限がないと感じるような人を見た時に、「図無し」という言葉を使ってみましょう。