意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「旺然」の意味とは!類語や言い換え

「旺然」という言葉を見たことはあっても意味を知らない・読み方がわからないという人も多々います。

日常会話で使うことは少ないのですが、小説やエッセイなど、作中で用いられる事は多く、どのような言葉か紹介します。

旺然

Meaning-Book
「旺然」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「旺然」とは?
  • 「旺然」の表現の使い方
  • 「旺然」を使った例文と意味を解釈
  • 「旺然」の類語や類義語・言い換え


「旺然」とは?

「旺然という言葉はエネルギーに満ち足りている・勢いが盛ん」といった意味を持ちます。

そのエネルギー・勢いなどは活力や体力・やる気なども含まれますが、時には憎しみや憎悪など負の感情に対しても適応します。

他にも自然現象などにも適応しており、エネルギーや勢いといった言葉が当てはまるものには「旺然」という言葉は使用が出来ます。

  • 「旺然」の読み方

「旺然」の読み方

「旺然」という言葉の読み方は「おうぜん」と読みます。

それぞれの漢字を音読みで読んでおり、形容動詞手しての役割を持ちます。



「旺然」の表現の使い方

「旺然」という言葉はエネルギーや勢いといったものを感じる・表現できるものに対して用いることができ、使い方もその強さを表す使い方となります。

多くは人に対して「エネルギーに溢れた人」「やる気に満ちている」といった表現を表す際に用いられます。

しかし「強い恨みを持っている」「ひどく憎んでいる」など悪い感情に対しても「旺然」は使うことが出来るため、どの意味に対して用いるかで注意が必要です。

また口語で使うよりも文章に書いて使うケースが多いです。

「旺然」を使った例文と意味を解釈

「旺然」という言葉はなかなか日常会話で用いる機会は少ないのですが、実際にどのように用いられるか、例文を紹介していきます。

  • 「旺然」を使った例文1
  • 「旺然」を使った例文2

「旺然」を使った例文1

「手紙に『あの人のこの仕事への旺然たる様子を見ていると元気が出ると』綴られていた」

ここでは手紙の文中にて用いられています。

その内容として「あの人」とされる人物の仕事に対して取り組む姿勢を「旺然」という言葉で表現しており、それを見て影響を受けているとしています。

「旺然」を使った例文2

「彼は昔から親を憎んでいた。どれだけ話し合ってもあの旺然たる感情を止めることはできないと悟った」

ここでは「彼」とされる人物の感情について用いられています。

その感情は親への憎しみとしており、抑える・止めることはできないほど強くなっていることを「旺然」という言葉で表現しています。



「旺然」の類語や類義語・言い換え

「旺然」という言葉は日常会話で用いることは少なく類語や言い換えた言葉が用いられる事も多いです。

どのような言葉があるか紹介していきます。

  • 「元気いっぱい」
  • 「エネルギッシュ」

「元気いっぱい」

「元気」は言葉の通り活気やエネルギー・活力などを表しますがそれがいっぱいと続くため、満ち足りているという意味になり、類語として扱われています。

「エネルギッシュ」

「エネルギッシュ」という言葉は「エネルギーに溢れた人」という意味を表現する言葉です。

そのため対象となる人の活力にあふれている・精力的な様子などを表しており、類語とされています。

icon まとめ

「旺然」という言葉は使う機会は少なくても紙面で見る機会は十分にあり、理解しておかないと誤解を生む可能性もあります。

また年齢を重ねるほどに間違えた時の恥も書きやすいため、正しく知っておくことが求められます。