意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「意企」の意味とは!類語や言い換え

「意企」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「意企」という言葉を使った例文や、「意企」の類語を紹介して行きます。

意企

Meaning-Book
「意企」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「意企」とは?
  • 「意企」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「意企」を使った例文や短文など


「意企」とは?

「意企」という言葉を知っているでしょうか。

本などを読んでいる時、「作者の意企」を感じたことがあるかもしれません。

一方で、「意企」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「意企」という言葉の意味を紹介します。

  • 「意企」の読み方
  • 「意企」の意味

「意企」の読み方

「意企」「いき」と読みます。

あまり見慣れない言葉のため、初見で正しく読むのは難しいでしょう。

これを機会に「意企」「いき」と読みましょう。

「意企」の意味

「意企」という言葉の意味を紹介します。

「意企」という言葉には、「計画すること」「たくらむこと」という意味があります。

読書をしていて「作者の意企」を感じる時は、作者のたくらみや計画を感じる時でしょう。

このように、「意企」には、「計画すること」「たくらむこと」という意味があります。



「意企」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「意企」の類語や類似表現を紹介します。

「意企」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「計画」【けいかく】
  • 「狙い」【ねらい】

「計画」【けいかく】

「計画」には、「あることをするために、あらかじめ方法や順序などを考えること」という意味があります。

「事業を計画する」という時は、事業を起こすために、あらかじめ方法や順序を考えるという意味があります。

他にも「計画を練る」「計画通り進める」などという使い方をします。

「狙い」【ねらい】

「狙い」には「目指す意図」「目当て」という意味があります。

「仕事が狙い通りに進む」という時は、目指す意図通りに仕事が進んで行くという意味があります。

他にも「狙いが外れる」「狙いと違う方向に進む」などという使い方をします。

「意企」を使った例文や短文など

次に「意企」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「意企」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「意企」を使った例文1
  • 「意企」を使った例文2

「意企」を使った例文1

「Aさんが『意企』した通りに、仕事が進行しない」

仕事は事前に計画した通り進まないものです。

この例文のように、Aさんが計画した通りに、まるで仕事が進まない時もあるでしょう。

このような時、「意企」した通りに行かないと表現してみましょう。

「意企」を使った例文2

「監督の『意企』が透けて見えすぎて、冷める」

この例文には、映画を見ている時に、監督の意図や計画が透けて見えすぎてしまい、気持ちが冷めてしまうという意味があります。

映画は、登場人物に感情移入しながら楽しむもので、監督のたくらみは、後から振り返って思う程度で十分でしょう。



icon まとめ

「意企」という言葉について見てきました。

何かを計画する時、たくらむ時に、「意企」という言葉を使ってみましょう。