意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予感的中」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「予感的中」という言葉を色々な場面で耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、身近な言葉なので、その使い方を知っておくと、とても便利です。

そこで今回は、この「予感的中」にフォーカスしてみたいと思います。

予感的中

Meaning-Book
「予感的中」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「予感的中」とは?
  • 「予感的中」を分解して解釈
  • 「予感的中」の具体例や表現の使い方
  • 「予感的中」を使った例文と意味を解釈
  • 「予感的中」の類語や類義語・言い換え


「予感的中」とは?

「予感的中」とは、「予想していたことがピッタリと当たる」「考えていたことが見事にその通りになる」といったような意味になります。

  • 「予感的中」の読み方

「予感的中」の読み方

「予感的中」「よかんてきちゅう」という読み方になりますが、「的中」がポイントとなるので、しっかりと忘れないようにチェックしておきましょう。



「予感的中」を分解して解釈

「予感的中」「予感」「的中」の2つの言葉に分けてそれぞれの言葉の意味を解釈してみます。

  • 「予感」
  • 「的中」

「予感」

「予感」とは「前もって何となく感ずること」という意味になります。

「的中」

「的中」「撃った矢や弾丸が的に当たること」という意味となりますが、これが転じて、「予想通りぴたりと当たること」という意味になりました。

「予感的中」の具体例や表現の使い方

「予感的中」とは、普通の状況では誰も予想できなかったことを想定して、見事に当たるような場面で使われることになります。



「予感的中」を使った例文と意味を解釈

ここで「予感的中」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「予感的中」を使った例文1
  • 「予感的中」を使った例文2

「予感的中」を使った例文1

「願いを叶える時に有効な方法として、引き寄せの法則がありますが、これは何となく予感的中と似ているかもしれません」

「引き寄せの法則」とは、「実現したい目標を強く意識することで、本当に実現させてしまうことの法則」ですが、それでイメージしたことが、本当に実現できることは、「予感的中」と似ているかもしれません。

「予感的中」を使った例文2

「昨晩から何となく嫌な感じがあったのですが、今日は朝から取引先とのトラブルが起こり、見事に予感的中してしまった」

「予感的中」はビジネスシーンでも使われることがあります。

決していいことではありませんが、このように当たってしまうことを考えると、前もって対策を講じることができるはずです。

「予感的中」の類語や類義語・言い換え

「予感的中」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

5-1 . 「予想通りになる」【よそうどおりになる】

「予想通りになる」という言葉が「予感的中」の類義語として挙げることができるのですが、意味としては「事前に想像した通りになること」ということを指しています。

ビジネスでは、ある程度、先のことを予測しながら、物事を進めていく必要がありますが、それがきっちりとできていれば、「予想を通りになる」ことは、とてもいいことです。

「勘が当たる」

「勘が当たる」「予感的中」の類義語として使うことができるかもしれません。

「勘が当たる」とは、「ふと頭に浮かんで来たことが現実のものとなる」のいう意味があります。

人には「第六感」というものがありますが、悪いことが起きれば起きるほど、この「勘が当たる」という言葉が当てはまるような感じがあります。

できれば、いい方向で勘が当たって欲しいものです。

icon まとめ

「予感的中」という言葉の意味や具体的な使い方を紹介して来ましたが、この言葉は、普段の会話の中や仕事の中でも時々使われている言葉です。

しかし、仕事で使われる場合は、あまりいい意味で使われることがないために、少し悪いニュアンスを帯びていることもあります。

そのようにならないためにも、普段から予想を立てて仕事を進める必要があるかもしれません。