意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「甚振る」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「甚振る」とは、「自分よりも弱いものを痛めつけたり嫌がらせをしたりすること」を意味する言葉です。

「甚振る」「意味・読み方・甚振ると虐めるの違い・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

甚振る

Meaning-Book
「甚振る」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「甚振る」とは?
  • 「甚振る」と「虐める」の違い
  • 「甚振る」の表現の使い方
  • 「甚振る」を使った例文と意味を解釈
  • 「甚振る」の類語や類義語・言い換え


「甚振る」とは?

「甚振る」という表現は、「自分よりも弱いものを肉体的に痛めつけたり嫌がらせをしたりすること」「相手を脅して金品を奪うこと、恐喝(ゆすり)をすること」を意味しています。

更に「甚振る」という言葉には、「激しく揺り動かすこと」「激しく揺れること」といった意味合いもあります。

  • 「甚振る」の読み方

「甚振る」の読み方

「甚振る」の読み方は、「いたぶる」になります。



「甚振る」と「虐める」の違い

「甚振る(いたぶる)」「虐める(いじめる)」の違いは、「甚振る」という表現は「主に肉体的に痛めつけること・脅して金品を奪うこと(ゆすること)」を意味していますが、「虐める」という表現は「主に精神的に苦痛を与えたり嫌がることをしたりすること」を意味しているという違いがあります。

「甚振る」の意味は「自分よりも明らかに腕力が弱い相手を、じわじわと肉体的に痛めつける」ということに重点がありますが、「虐める」の意味は「無抵抗・気弱な相手を、精神的に痛めつけること、嫌がらせして精神的に追い込むこと」に重点があるという違いがあります。

「甚振る」の表現の使い方

「甚振る」の表現の使い方は、「相手を肉体的に痛めつけたり虐めたりする時」「相手を脅して金品を取る場合」に使うという使い方になります。

例えば、「近隣で有名な不良グループから、散々に甚振られてお金まで奪われました」といった文章で、「甚振る」の表現を使用することができます。



「甚振る」を使った例文と意味を解釈

「甚振る」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「甚振る」を使った例文1
  • 「甚振る」を使った例文2

「甚振る」を使った例文1

「獰猛そうな雰囲気の猫が、ネズミを甚振るようにして捕まえていました」

この例文は、「攻撃的で残酷そうな雰囲気の猫が、ネズミをじわじわと痛めつけながら追い込むようにして捕まえていた」ということを意味しています。

「甚振る」を使った例文2

「これ以上、大切な友達が悪人にいいように甚振られるのは我慢できません」

この例文は、「これ以上、大切な友達が、悪人にいいようにいじめられて痛めつけられること(脅されてお金をゆすられること)は我慢できない」ということを意味しています。

「甚振る」の類語や類義語・言い換え

「甚振る」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「痛めつける・嫌がらせする」
  • 「ゆする・恐喝する」

「痛めつける・嫌がらせする」

「甚振る」という表現は、「相手を肉体的に痛めつけたり、精神的に嫌がらせをしたりすること」を意味しています。

その意味合いから、「甚振る」と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「痛めつける・嫌がらせする」という相手を肉体的・精神的に追い込むような表現を上げることができるのです。

「ゆする・恐喝する」

「甚振る」という言葉は、「相手を脅して金品をゆすること」「恐喝して金品を奪い取ること」を意味しています。

その意味合いから、「甚振る」という表現は「ゆする・恐喝する」という犯罪的な行為を示唆する表現に言い換えることが可能なのです。

icon まとめ

「甚振る」という言葉について徹底的に解説しましたが、「甚振る」には「自分よりも弱いものを痛めつけたり嫌がらせをしたりすること」「脅して金品をゆすること」などの意味があります。

「甚振る」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「痛めつける・嫌がらせする」「ゆする・恐喝する」などがあります。

「甚振る」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。