意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「残高不足」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「残高不足」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「残高不足」という言葉を使った例文や、「残高不足」の類語を紹介して行きます。

残高不足

Meaning-Book
「残高不足」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「残高不足」とは?
  • 「残高不足」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「残高不足」を使った例文や短文など


「残高不足」とは?

「残高不足」という言葉を知っているでしょうか。

「銀行口座が残高不足で慌てた」という経験がある人が、いるかもしれません。

一方で、「残高不足」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「残高不足」という言葉の意味を紹介します。

  • 「残高不足」の読み方
  • 「残高不足」の意味

「残高不足」の読み方

「残高不足」「ざんだかぶそく」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「残高不足」「ざんだかぶそく」と読みましょう。

「残高不足」の意味

「残高不足」の意味を紹介して行きます。

「残高不足」には、「銀行や信用金庫などの金融機関において、預金口座の残高が、引き落とし額よりも少ないこと」という意味があります。

例えば銀行口座に1000円しかないのに、引き落とし額が2000円だったら、「残高不足」になり、引き落としができなくなります。

このような状況になったら、すぐに銀行や引き落とし先に連絡して、手立てをしましょう。

このように「残高不足」には、「銀行などで、預金口座の残高が、引き落とし額よりも少ないこと」という意味があります。



「残高不足」の類語や類似表現や似た言葉

次に「残高不足」の類語や類似表現を紹介します。

「残高不足」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「預金口座」【よきんこうざ】
  • 「引き落とし」【ひきおとし】

「預金口座」【よきんこうざ】

「預金口座」には、「金融機関に預け入れのために設けた口座」という意味があります。

給料の振込先、またはカードの引き落としに使える口座になります。

またネットで買い物をする時にも、「預金口座」が必要になることがあります。

「引き落とし」【ひきおとし】

「引き落とし」には、「金融機関を通じて、支払う人の預金口座から、受け取る人の口座へ送金すること」という意味があります。

例えば、カード会社の「引き落とし」なら、支払人の預金口座から、カード会社の口座へ送金することを「引き落とし」と言います。

「残高不足」を使った例文や短文など

続いて「残高不足」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「残高不足」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「残高不足」を使った例文1
  • 「残高不足」を使った例文2

「残高不足」を使った例文1

「銀行口座が『残高不足』にならないよう、お金を預ける」

この例文のように、引き落としが近づいたら、預金口座を調べて残高を確かめてみるといいかもしれません。

引き落とし額より少ないと感じたら、他の口座からお金を振り込み、「残高不足」にならないようにしましょう。

公共料金やカードの引き落としなど、たくさんお金が引き落とされる口座には、他の口座よりもたくさんのお金を預けておくと安心かもしれません。

「残高不足」を使った例文2

「『残高不足』のため、カードの引き落としができない」

この例文は、カードで買い物をしたものの、引き落とし日に「残高不足」になっていたため、引き落としができなくなったという意味があります。

すぐにカード会社から電話が掛かってきて、指定口座に入金するように、言われるかもしれません。

カードが使えなくならないよう、早めの対応が必要になりそうです。



icon まとめ

「残高不足」という言葉について見てきました。

銀行などの金融機関に預けているお金が、引き落とし額よりも少ない時、「残高不足」という言葉を使ってみましょう。