意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「泥中の蓮」の意味とは!類語や例文と意味を解釈

「泥中の蓮」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「泥中の蓮」という言葉を使った例文や、「泥中の蓮」の類語を紹介して行きます。

泥中の蓮

Meaning-Book
「泥中の蓮」の意味とは!類語や例文と意味を解釈>


目次

  • 「泥中の蓮」とは?
  • 「泥中の蓮」の語源
  • 「泥中の蓮」を使った例文や短文など


「泥中の蓮」とは?

みなさんは「泥中の蓮」という言葉を知っているでしょうか。

知り合いの中に「泥中の蓮」のような人を知っているかもしれません。

一方で、「泥中の蓮」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「泥中の蓮」という言葉の意味を紹介します。

  • 「泥中の蓮」の読み方
  • 「泥中の蓮」の意味

「泥中の蓮」の読み方

「泥中の蓮」「でいちゅうのはす」と読みます。

「どろなかのはす」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「泥中の蓮」「でいちゅうのはす」と読みましょう。

「泥中の蓮」の意味

「泥中の蓮」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「泥中の蓮」には、「汚れた環境の中にいても、それに染まらず清く正しく生きる様子」といいう意味があります。

例えば、アルコール中毒の両親に育てられた子供が、きちんと道徳心を持って清く正しく成長する時、「泥中の蓮」と言えるでしょう。

このよう「泥中の蓮」には「汚れた環境の中にいても、それに染まらず清く正しく生きる様子」といいう意味があります。



「泥中の蓮」の語源

「泥中の蓮」の語源を紹介します。

蓮の花を見たことがあるでしょう。

蓮は汚い泥の中でも、目が覚めるような美しい花を咲かせます。

この様子から「泥中の蓮」には、「汚れた環境の中にいても、それに染まらず清く正しく生きる様子」といいう意味が生まれています。

「泥中の蓮」を使った例文や短文など

続いて「泥中の蓮」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「泥中の蓮」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「泥中の蓮」を使った例文1
  • 「泥中の蓮」を使った例文2

「泥中の蓮」を使った例文1

「A君は不良ばかりの高校に通っても、変わらない『泥中の蓮』だ」

この例文に登場するA君は不良に囲まれても、その影響を受けず、以前と変わらず好青年なのではないでしょうか。

このように、周囲の環境に左右されず、清く正しく生きている人を「泥中の蓮」と呼びます。

「泥中の蓮」を使った例文2

「乱れた社風の会社の中で、Bさんは『泥中の蓮」的な存在だ」

この例文の中のBさんは、あまり良くない社風の会社の中でも、清く正しいタイプの社員なのでしょう。

会社の社風に染まらず、立派に見える人は「泥中の蓮」と言えるでしょう。

自分をしっかり持ち、道徳的な学びをしている人なら、どのような環境でも、自分を律し、変わらず清く正しくいられるかもしれません。



icon まとめ

「泥中の蓮」という言葉について見てきました。

汚れた環境にいても、自分を見失わず、清く正しく生きる人を見た時、「泥中の蓮」という言葉を使ってみましょう。