意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「代替が利く」の意味とは!類語や例文と意味を解釈

この「代替が利く」は意味よりも、むしろ読み方、及びこの漢字表記を覚えておきたい言葉です。

代替が利く

Meaning-Book
「代替が利く」の意味とは!類語や例文と意味を解釈>


目次

  • 「代替が利く」とは?
  • 「代替が利く」の表現の使い方
  • 「代替が利く」を使った例文と意味を解釈
  • 「代替が利く」の類語


「代替が利く」とは?

「代替が利く」とは、「代わりになる物(者)が存在する」ことだと解釈してください。

要は、それ(その人)が全てという訳ではないと言いたい時に使う言葉です。

「この部品は代替が利くから、足りなくなっても大丈夫」と使うと、その部品が無くなっても、代わりになる物が存在するので、どんどん使っても大丈夫という意味になります。

また、「ラインの従業員なら、何とか代替が利く」と言えば、ライン(流れ作業)に従事している従業員であれば、何とか代わりの人材が用意できるという意味になります。

  • 「代替が利く」の読み方

「代替が利く」の読み方

「代替が利く」は、「だいがえがきく」と読むのが一般的です。

と言うもの、「代替」「だいたい」とも読む言葉で、「だいたいがきく」としても間違いではありません。

ですが、この「代替が利く」という形の場合、「だいがえ」と読むのが語呂がよく、普通はこちらで使っています。

この「代替」とは、「代わり」のことです。

「利く」とすることで、いつでもそれが用意できるという意味となっています。

尚、「効く」と間違えて使われることも多いので、この点に気を付けてください。



「代替が利く」の表現の使い方

「代替が利く」は、部品などの物を対象の場合には、特に意識せずに使って構いませんが、人にい対して使う時には、それなりに注意しないといけない言葉です。

それは、下手に使うと、「その人の代わりはいくらでも居る」という意味にとられてしまうからです。

その通りだとしても、あまりいい表現ではないのは言うまでもない為、このような使い方をする際には、その本人には聞こえない所にするなどの配慮が必要です。

「代替が利く」を使った例文と意味を解釈

「代替が利く」を使った例文と、その意味の解釈です。

物と人に使っている例を挙げていきます。

  • 「代替が利く」を使った例文1
  • 「代替が利く」を使った例文2

「代替が利く」を使った例文1

「へこんだのはバンパーだけなので、すぐに代替が利くそうだ」

車をぶつけてしまったものの、幸いにもバンパー部分だけだったので、そこさえ交換すれば大丈夫だと言っている例です。

ただし、今の車にはこのバンパーが付いていないものも(特に小型車には)多い為、その場合は多少のへこみでも、車ごと板金修理になってしまうかも知れません。

「代替が利く」を使った例文2

「彼は代替が利く人材ではないので、辞められてもらっては困る」

その彼が代わりが利かない人材だと使っている例になります。

このような使い方であれば、本人に対して直接使っても構いません。

人に対して使う場合に、これが「利く」「利かない」では、全くニュアンスが異なってきます。



「代替が利く」の類語

「代替が利く」と似た意味で使える言葉です。

物に対してのみ使える表現になります。

  • 「互換性がある」【ごかんせいがある】

「互換性がある」【ごかんせいがある】

それの代わりにすることができるという意味で使えます。

「これとあのパーツとは互換性がある」とすると、そのパーツの代わりに使うことができるという意味になります。

icon まとめ

「代替が利く」は、人に使う時には注意しないといけない言葉です。

また、「効く」としないようにも気を付けて使ってください。