意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「拙さ」とは?意味!読み方や解説

この「拙さ」は、意味は漢字から想像できるかも知れませんが、読み方は知らないとまず分からないでしょう。

拙さ

Meaning-Book
「拙さ」とは?意味!読み方や解説>


目次

  • 「拙さ」とは?
  • 「拙さ」の表現の使い方


「拙さ」とは?

「拙さ」は、「浅はかさ」という言葉と似た意味で使われます。

この言葉であれば、見聞きしたことがある人も多いでしょう。

つまり、劣っている、未熟であるという意味で使われる言葉で、このように表現されてしまう人やその内容は、とても褒められたものではないと解釈してください。

ですが、「拙さは残るものの、今回はあいつに任せてみよう」といったような使い方もできる言葉で、必ずしも悪い意味だけで使うとは限りません。

  • 「拙さ」の読み方

「拙さ」の読み方

「拙さ」は、「つたなさ」と読んでください。

この読み方さえ分かれば、意味も分かるという人も多いかも知れません。

平仮名で使われることも多い言葉ですが、この漢字表記も是非覚えておきましょう。



「拙さ」の表現の使い方

「浅はか」と意味が似ていると書きましたが、「浅はかさ」「愚かさ」と言い換えることができる言葉なので、多少意味合いが異なります。

よって、「浅はかな人間だ」とは使っても、「稚拙な人間だ」とはあまり使いません。

ニュアンスは近いながら、「拙さ」の方は、「得意ではない」「うまくない」といった意味に捉えると分かりでしょう。

「拙さの残る英訳ですが~」と使うと、そこまで得意ではないが、頑張って英訳したということが表現できます。

icon まとめ

「拙さ」は、使い方の難しい言葉の1つです。

上の「得意ではない」(うまくない)といった解釈が一番適切だと考えていいでしょう。