意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思い描く」の意味とは!類語や言い換え

「思い描く」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「思い描く」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「思い描く」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「思い描く」とは?
  • 「思い描く」の表現の使い方
  • 「思い描く」を使った例文と意味を解釈
  • 「思い描く」の類語や類義語・言い換え


「思い描く」とは?

「思い描く」というのは物の姿や形などを心の中で想像する、情景などを想像して頭の中に描く、存在しないものや事実と異なる心像を形成する、という意味になります。

人間は常にあらゆることを考えながら生活していますよね。

自分は将来どうなっているのか考えたり、自分のキャリアはどうなっているのか考えたりすることもあるのではないでしょうか。

心の中で想像する時、それは「思い描く」ということになります。

子供は自分の将来を「思い描く」ことも多いかもしれませんね。

  • 「思い描く」の読み方

「思い描く」の読み方

「思い描く」という表現は「おもいえがく」と読みます。

よく使われる表現ですので、ぜひ知っておきたいものです。



「思い描く」の表現の使い方

「思い描く」という表現は心の中で考えるときに使える表現です。

例えば、宝くじを会ったとき、もしも宝くじが当たったらどうしようかと「思い描く」人も多いのではないでしょうか。

パーティーなどを開催するときにはどのようなパーティーになるのか「思い描く」こともありますよね。

思い描いた上で、何が足りないかなどと考えるのではないでしょうか。

心の中で考える、想像する、などというときにはこの表現が使えるのです。

「思い描く」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「思い描く」を使った例文1
  • 「思い描く」を使った例文2

「思い描く」を使った例文1

「彼は小さな時から自分の姿を思い描いていた」

特に小さな時は自分が大きくなったらどのような大人になりたいか、どのような仕事がしたいか、無邪気に色々と考えるものですよね。

幼稚園や小学校などでも将来どのような仕事がしたいか、どのような大人になりたいか、思い描いて絵を書くなどという課題があるのではないでしょうか。

「思い描く」を使った例文2

「彼は宝くじが当たったときのことを思い描いていたが、実際には当たらなかった」

宝くじを買ったときには、その宝くじが当たったらどうしよう、もしも2億円が手に入ったらどうしよう、などと想像する人もいるかもしれませんね。

実際にはそこまで簡単に宝くじは当たらないのですが、当たる人がいるのも事実です。

もしも宝くじが当たったら仕事をやめようか、世界一周旅行に行こうか、など、様々な想像をする人が多いのではないでしょうか。



「思い描く」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「想像する」【そうぞうする】
  • 「空想する」【くうそうする】

「想像する」【そうぞうする】

「想像する」というのは思いを馳せる、思いを巡らす、という意味になります。

実際には経験していないことなどを推し量る、心の中に描く、という意味になるのです。

「空想する」【くうそうする】

「空想する」という表現にも思いを馳せる、思いを巡らす、という意味があります。

現実にはありえないような事柄を想像する、実際には目の前に存在していないことを頭の中に「思い描く」、という意味になります。

icon まとめ

「思い描く」という表現は日常的にも使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

良いことを思い描きながら生活できると良いですね。