意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「嘘っぱち」の意味とは!類語や例文と意味を解釈

「嘘っぱち」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「嘘っぱち」という言葉を使った例文や、「嘘っぱち」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「嘘っぱち」の意味とは!類語や例文と意味を解釈>


目次

  • 「嘘っぱち」とは?
  • 「嘘っぱち」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「嘘っぱち」を使った例文や短文など


「嘘っぱち」とは?

「嘘っぱち」という言葉を知っているでしょうか。

「あの人の言っていることは、嘘っぱちだ」と思ったことがあるかもしれません。

一方で、「嘘っぱち」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「嘘っぱち」という言葉の意味を紹介します。

  • 「嘘っぱち」の読み方
  • 「嘘っぱち」の意味

「嘘っぱち」の読み方

「嘘っぱち」「うそっぱち」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「嘘っぱち」「うそっぱち」と読みましょう。

「嘘っぱち」の意味

「嘘っぱち」には、どのような意味があるでしょうか。

「嘘っぱち」には、「事実でないこと」「嘘」という意味があります。

「嘘」という言葉を強めて言う時、「嘘っぱち」という表現になることがあります。

「あの人が言っていることは、嘘っぱちだ」という時は、誰かの発言が嘘で、その嘘に苛立ちを覚えているため「嘘っぱち」という表現を使っているのでしょう。

このように「嘘っぱち」には、「事実でないこと」「嘘」という意味があります。



「嘘っぱち」の類語や類似表現や似た言葉

次に「嘘っぱち」の類語や類似表現を紹介します。

「嘘っぱち」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「嘘」【うそ】
  • 「法螺」【ほら】

「嘘」【うそ】

「嘘」には、「事実でないこと」という意味があります。

また「人を騙すために言う、事実と異なる言葉」という意味もあります。

「嘘つき」は人を騙すために、事実ではないことを言う人という意味になります。

「法螺」【ほら】

「法螺」には、「大げさなでたらめを言う」「大きなことを言う」という意味があります。

「法螺を吹く」という時は、大げさで、多分にでたらめなことを言っているという意味があります。

「俺が動けば、政府が動く」などと言っている人は、「法螺」を言っていると言えるかもしれません。

「嘘っぱち」を使った例文や短文など

続いて「嘘っぱち」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「嘘っぱち」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「嘘っぱち」を使った例文1
  • 「嘘っぱち」を使った例文2

「嘘っぱち」を使った例文1

「彼は『嘘っぱち』ばかり言っているため、信用できない」

この例文に登場する人は、嘘ばかり言っているため、他の人から信頼されていないのでしょう。

自分の利益のため、立場を守るための嘘は、他の人の信頼を低下させるかもしれません。

「嘘っぱち」を使った例文2

「『嘘っぱち』の割には真実味がある」

この例文に登場する誰かの嘘は、どこか真実味があるようです。

嘘だとは言いきれないような、どこかに真実の香りがするような、嘘なのかもしれません。



icon まとめ

「嘘っぱち」という言葉について見てきました。

事実でないことを言っている人を見た時、「嘘」という言葉を強めに言いたい時に、「嘘っぱち」という言葉を使ってみましょう。