意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「たっぷり」の意味とは!類語や言い換え

「たっぷり」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「たっぷり」という言葉を使った例文や、「たっぷり」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「たっぷり」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「たっぷり」とは?
  • 「たっぷり」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「たっぷり」を使った例文や短文など


「たっぷり」とは?

「たっぷり」という言葉を知っているでしょうか。

「ランチのご飯がたっぷりある」などと、言ったことがあるかもしれません。

一方で、「たっぷり」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「たっぷり」という言葉の意味を紹介します。

  • 「たっぷり」の意味
  • 「たっぷり」の意味2

「たっぷり」の意味

「たっぷり」には、「十分な様子」という意味があります。

また「必要な分量以上にある様子」という意味があります。

「ランチのご飯がたっぷりある」という時は、ランチで食べたいご飯の量が、十分にあるという意味になります。

ご飯が足りず、物足りないということがない状態です。

「たっぷり」の意味2

「たっぷり」には、「必要な量より、余分にある様子」という意味もあります。

例えば、「たっぷりした着幅の服」という時は、ジャストサイズの着幅の服よりも、少し余裕のあるデザインという意味になります。

このように「たっぷり」には、「必要な分量以上にある様子」という意味や、「必要な量より、余分にある様子」という意味があります。



「たっぷり」の類語や類似表現や似た言葉

「たっぷり」の類語や類似表現を紹介します。

「たっぷり」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「一杯」【いっぱい】
  • 「ゆったり」

「一杯」【いっぱい】

「いっぱい」には、「ある範囲に、あふれるほど多い様子」という意味があります。

「袋に野菜を一杯詰める」という時は、袋の中にあふれるほど野菜を詰めるという意味があります。

「ゆったり」

「ゆったり」には、「ゆとりがあって、窮屈でない様子」という意味があります。

住んでいて広いと感じる部屋は、「ゆったり」としています。

ゆとりがあり、窮屈に感じないほどの広さがあるということでしょう。

「たっぷり」を使った例文や短文など

「たっぷり」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「たっぷり」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「たっぷり」を使った例文1
  • 「たっぷり」を使った例文2

「たっぷり」を使った例文1

「彼から『たっぷり』愛情をもらっている」

この例文には、ある女性が彼氏から、必要な量の愛情を注いでもらっているという意味があります。

人によってパートナーに求める愛情の量は違いますが、この女性は十分な愛情を感じているようです。

「たっぷり」を使った例文2

「『たっぷり』したお弁当箱に、たくさんおかずを入れる」

この例文に登場するお弁当箱は、必要量のおかずやご飯を詰めても、それでも余裕があるほど大きいようです。



icon まとめ

「たっぷり」という言葉について見てきました。

必要十分な量がある時、必要な量よりも余分にある様子を見た時に、「たっぷり」という言葉を使ってみましょう。