意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「いんちき」の意味とは!類語や言い換え

「いんちき」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「いんちき」という言葉を使った例文や、「いんちき」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「いんちき」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「いんちき」とは?
  • 「いんちき」の語源
  • 「いんちき」を使った例文や短文など


「いんちき」とは?

「いんちき」という言葉を知っているでしょうか。

ゲーム中に誰かが「いんちき」をしたのを見たことがあるかもしれません。

一方で、「いんちき」という言葉をまるで知らない人もいるでしょう。

そこで「いんちき」という言葉の意味を紹介します。

「いんちき」には、「博打などで、相手の目をごまかして不正すること」という意味があります。

また「いんちき」には、「本物でないこと」という意味もあります。

「彼はいんちき手品師だ」という時は、彼は本物の手品師ではなく、肩書だけの本物ではない手品師だという意味があります。

このように「いんちき」には、「博打などで、相手の目をごまかして不正すること」「本物ではないこと」という意味があります。



「いんちき」の語源

「いんちき」という言葉の語源を紹介します。

「いんちき」は明治時代に、賭博をしている人たちの間で使われていた言葉とされています。

賭博仲間の中で、不正な手法を使って勝とうとする人を「いんちき」と呼んでいました。

「いんちき」「いん」は、「いかさま」という言葉の、「いか」が変化したとされています。

さらに「ちき」は、「とんちき」「こうまんちき」などの、接尾語「ちき」とされています。

そのため、「いかさまをする人」から、「いんちき」という言葉が生まれています。

「いんちき」を使った例文や短文など

続いて「いんちき」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「いんちき」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「いんちき」を使った例文1
  • 「いんちき」を使った例文2

「いんちき」を使った例文1

「友達同士のボードゲーム中に、『いんちき』するなど、信じられない」

この例文のように、友達同士で遊んでいるゲームの中で、不正手段を使う人は少ないでしょう。

しかし、もし自分で用意した改造サイコロなどを使い、出したい目を出しているなどしたら、かなりひんしゅくを買うでしょう。

「いんちき」と呼ばれるのも当然かもしれません。

「いんちき」を使った例文2

「『いんちき』せずに、堂々と勝たなければ意味がない」

この例文のように、勝負事は正々堂々と立ち居ふるまわないと、意味がないと感じる人もいるはずです。

特に趣味のゲームやスポーツは、勝ち負けが損得に関係ないため、堂々と勝負したいものです。

もし「いんちき」をしても勝ったとしても、何も価値がないでしょう。



icon まとめ

「いんちき」という言葉について見てきました。

ゲームをしている時に、ずるをする人を見た時、または本物ではないと感じる人を見た時に、「いんちき」という言葉を使ってみましょう。