意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「世捨て人」の意味とは!言葉を徹底解説

「世捨て人」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「世捨て人」という言葉を使った例文や、「世捨て人」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「世捨て人」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「世捨て人」とは?
  • 「世捨て人」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「世捨て人」を使った例文や短文など


「世捨て人」とは?

「世捨て人」という言葉を知っているでしょうか。

みなさんの知り合いに、「世捨て人」がいるかもしれません。

一方で、「世捨て人」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「世捨て人」という言葉の意味を紹介します。

  • 「世捨て人」の読み方
  • 「世捨て人」の意味

「世捨て人」の読み方

「世捨て人」「よすてびと」と読みます。

「せすてびと」などと読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「世捨て人」「よすてびと」と読みましょう。

「世捨て人」の意味

「世捨て人」という言葉の意味を紹介します。

「世捨て人」には、「一般社会から関係を絶った人」という意味があります。

会社を辞めて、山奥の家を購入し、自給自足の暮らしをしている人などの中には、俗世間と関係を絶った人もいるでしょう。

そのような人は、「世捨て人」と言えるかもしれません。

また僧侶や隠者など、山に籠って修行生活を送っているような人も、「世捨て人」と呼ばれることがあります。

このように「世捨て人」には、「一般社会と関係を絶った人」という意味があります。



「世捨て人」の類語や類似表現や似た言葉

次に「世捨て人」の類語や類似表現を紹介します。

「世捨て人」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「バガボンド」【ばかぼんど】
  • 「行者」【ぎょうじゃ】

「バガボンド」【ばかぼんど】

「バガボンド」には、「放浪者」「漂泊者」「さすらいびと」という意味があります。

定住する家を持たず、一年中、様々な場所を移動して暮らすような人を「バガボンド」と呼びます。

「行者」【ぎょうじゃ】

「行者」には、「修業するもの」という意味や「山伏などの修行者」という意味があります。

このように、山にこもり修行する人を「行者」と呼びます。

「世捨て人」を使った例文や短文など

続いて「世捨て人」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「世捨て人」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「世捨て人」を使った例文1
  • 「世捨て人」を使った例文2

「世捨て人」を使った例文1

「都会での生活に疲れて、『世捨て人』になる」

この例文のように、都会での暮らしに疲れたため、山に引き籠り生活を始める人がいます。

自給自足の暮らしをめざし、できるだけ他の人と接触せずに済むような暮らしをするため、「世捨て人」と呼ばれます。

「世捨て人」を使った例文2

「私は『世捨て人』になって、気持ちが楽になった」

この例文のように、俗世間と関わりを絶つことで、気持ちが楽になる人がいるかもしれません。

特に空気を読みすぎて、人と話しているだけで疲れてしまうタイプの人は、少し世間と距離を置くと、気持ちが明るくなるかもしれません。



icon まとめ

「世捨て人」という言葉について見てきました。

俗世間と関わりを絶った人を見た時などに、「世捨て人」という言葉を使ってみましょう。