意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お小遣い制」とは?意味や言い換え!例文と解釈

一般家庭でよく聞かれる「お小遣い制」とはどの様な意味なのでしょうか。

具体例や類語なども併せて紹介しますので参考にして下さい。

Meaning-Book
「お小遣い制」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「お小遣い制」とは?
  • 「お小遣い制」の英語と解釈
  • 「お小遣い制」の具体例や表現の使い方
  • 「お小遣い制」を使った例文と意味を解釈
  • 「お小遣い制」の類語や類義語・言い換え


「お小遣い制」とは?

「お小遣い制」の概要について紹介します。

  • 「お小遣い制」の読み方
  • 「お小遣い制」の意味
  • 「お小遣い制」の言葉の成り立ち

「お小遣い制」の読み方

「お小遣い制」「おこづかいせい」と読みます。

「お小使い」と書き間違わない様にしましょう。

「お小遣い制」の意味

「お小遣い制」の意味は「自由に使える金額を設定して前もって渡しておく方法」ということです。

社会人が日常会話で「お小遣い制」と言う場合、主に家庭において妻がお金の管理をしていて、毎月夫が自由に使える金額を決めてまとめて手渡しておくことを表します。

「制」と言っても特に念書がある訳ではなく、夫婦での話し合いや一方的に妻が決めて導入している方法であることがほとんどです。

「お小遣い制」の言葉の成り立ち

「お小遣い制」「お小遣い」は、「小遣い銭」を省略したものです。

語源は、親が子供に与える自由に使える金銭からきています。

子供でも毎日生活していると、買いたいものが出てきます。

しかし経済的には全て親に依存している訳ですから、使える金額は親が決めることになります。

前もって親が金額を設定しておき、定期的にお金を渡しして子供がその範囲で自由に使えることを「お小遣い」と言っていました。

現在になり、女性の立場が強くなると、妻が家計を管理する様になり、夫に対しても「お小遣い制」が導入される様になったのです。

「制」「きまり」「制度」という意味で、「お小遣いを渡すきまり」として使われています。



「お小遣い制」の英語と解釈

海外には「お小遣い制」という英語表現はありません。

最も意味が近い表現を紹介します。

  • “His wife controls the purse strings.”
  • “He is on an allowance at home.”

“His wife controls the purse strings.”

「彼の妻は小遣い制を採用している」になります。

“purse strings”「財布の紐」という意味になります。

“He is on an allowance at home.”

「彼は家庭で小遣い制になっている」になります。

“on an allowance”「小遣い制」という意味になります。

「お小遣い制」の具体例や表現の使い方

「お小遣い制」の具体例を紹介します。



「お小遣い制」を使った例文と意味を解釈

「お小遣い制」を使った例文を紹介します。

  • 「お小遣い制」を使った例文1
  • 「お小遣い制」を使った例文2

「お小遣い制」を使った例文1

「彼はお小遣い制にされたので飲み会の参加が減った」

妻から前もって渡されたお金では昼食代くらいにしかならず、飲み会に参加するはお金が足りません。

やむなく参加する回数を減らして我慢していることを表しています。

「お小遣い制」を使った例文2

「お小遣い制にボーナスが付いた」

本来毎月決まった金額をお小遣いとして貰っていたのですが、たまたま臨時収入があったり、社員旅行や飲み会氏―zンなどの理由で、特別に増額して貰ったことを表しています。

「お小遣い制」の類語や類義語・言い換え

「お小遣い制」の類語を紹介します。

  • 「ポケットマネー制」
  • 「先払い制」

「ポケットマネー制」

「ポケットマネー」は英語では「小銭」のことで、外国人は小銭を財布に入れずにジャケットのポケットに入れてじゃらじゃらさせていることからこの様に使われています。

日本語では「お小遣い」の意味で、「お小遣い制」の言い換えになります。

「先払い制」

「先にお金を支給してその範囲でやりくりすること」という意味です。

金額は定額の家庭もあれば、その時に応じて増減する家庭もあります。

icon まとめ

「お小遣い制」とは「自由に使える金額を設定して前もって渡しておく方法」という意味です。

現代社会では当たり前になっている習慣と言えます。