意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「培った」の意味とは!言葉を徹底解説

ビジネスで「培った」という言葉を聞くことがありますが、一体どの様な意味なのでしょうか。

類語や例文なども併せて紹介しますので、参考にして下さい。

培った

Meaning-Book
「培った」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「培った」とは?
  • 「培った」を使った言葉と意味を解釈
  • 「培った」を使った例文と意味を解釈
  • 「培った」の類語や類義語・言い換え


「培った」とは?

「培った」の概要について紹介します。

  • 「培った」の読み方
  • 「草木を土に植えて育てたこと」の意味
  • 「長い時間をかけて能力やスキルを育てたこと」の意味
  • 「培った」の語源

「培った」の読み方

「培った」「つちかった」と読みます。

読み方が難しいので間違えない様に覚えておきましょう。

「草木を土に植えて育てたこと」の意味

植物を植えて、一生懸命栄養のある土をかけて育て上げたことを言います。

ただ花壇などに植物を植えるだけではなく、土いじりをして手をかけて育てることを表します。

一生懸命育てた植物が見事に育った時に「培った」と言うのです。

「長い時間をかけて能力やスキルを育てたこと」の意味

人が何も知らない状態でその仕事に就き、ゼロから始めて長い時間をかけて少しずつ仕事を覚えていき、いつしか能力を十分に生かせる様になることを言います。

非常に苦労をして覚えた知識や経験、努力をして身に付けたスキルなどを表します。

また、人の性質以外にも、伝統や芸術などに対しても使われる言葉です。

「培った」の語源

「培った」の語源は「土養う(つちかう)」という言葉から来ています。

「桃栗三年、柿八年」と言う様に、大きな植物が育つまでには長い年月がかかるものです。

このことから、「土養う」「大切なものを育てる為には時間がかかる」という意味で使われていました。

次第に感じが変化して「培う」になったのです。



「培った」を使った言葉と意味を解釈

「培った」を使った言葉と解釈を紹介します。

  • 「培ったノウハウ」
  • 「培った経験」
  • 「培った知識」

「培ったノウハウ」

「長い時間をかけて身に付けた専門的・実用的な技術や知識、やり方」という意味です。

「ノウハウ」とはそのものごとについて「何をどうするべきか」を的確に判断して実行できる能力のことを言います。

「培った経験」

「長い年月をかけて遭遇してきた様々な役に立つ経験」という意味です。

ビジネスでは知識だけではうまくいかないことも多く、特にトラブルが起きた場合、どれだけ経験を積んできたかが問われる場面もあるのです。

「培った知識」

「長い年月をかけて覚えてきた様々な情報」という意味です。

適切に情報を使うことでスムーズに仕事ができます。

「培った」を使った例文と意味を解釈

「培った」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「培った」を使った例文1
  • 「培った」を使った例文2

「培った」を使った例文1

「前職で培った知識と経験を活かしたい」

同業他社に転職した場合、前の会社で覚えたことが今の会社で非常に役に立つことを表しています。

「培った」を使った例文2

「外資系で培った英語力が役に立った」

外資系企業に勤めた経験があり英会話に慣れていたので、突然街中で外国字に道を訊れてもパニックにならなかったことを表しています。



「培った」の類語や類義語・言い換え

「培った」の類語を紹介します。

  • 「養った」【やしなった】
  • 「育んだ」【はぐくんだ】

「養った」【やしなった】

「努力をしながらその人が元々持っていた能力や技術などを少しずつ鍛えていったこと」という意味です。

「育んだ」【はぐくんだ】

「優しく、大切に人やものを育て上げたこと」という意味です。

icon まとめ

「培った」「草木を土に植えて育てたこと」長い時間をかけて能力やスキルを育てたこと」という2つの意味があります。

時間をかけて成長させたものに対して使いましょう。