意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「趣味嗜好」の意味とは!言葉を徹底解説

皆さんは「趣味嗜好」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は、日常生活ではそんなに頻繁に使われる言葉ではありませんが、どのようなシチュエーションで使われるのかをいるか、あまりイメージすることができない人もいるかもしれません。

そこでここでは、この「趣味嗜好」についてフォーカスしていくことにします。

趣味嗜好

Meaning-Book
「趣味嗜好」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「趣味嗜好」とは?
  • 「趣味嗜好」の表現の使い方
  • 「趣味嗜好」を使った例文と意味を解釈
  • 「趣味嗜好」の類語や類義語・言い換え


「趣味嗜好」とは?

「趣味嗜好」とは、「個人的に関心のあることや、好きなこと、親しんでいるもの」のことを指している四字熟語になります。

  • 「趣味嗜好」の読み方

「趣味嗜好」の読み方

「趣味嗜好」「しゅみしこう」と読みますが、少し難しい読み方になるので、ここでキチンと確認しておいてください。



「趣味嗜好」の表現の使い方

「趣味嗜好」を構成する言葉の中で、「趣味」「自分の好きなことや楽しんでいるもの」を意味しており、「嗜好」も似たような意味を持っています。

主に飲食関係において使われることが多いのですが、「趣味嗜好」となることで、あらゆる分野において、好みの強いことに対して使われています。

「趣味嗜好」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「趣味嗜好」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「趣味嗜好」を使った例文1
  • 「趣味嗜好」を使った例文2

「趣味嗜好」を使った例文1

「50歳を過ぎたら、味に対する趣味嗜好が変わってきたようだ」

食に関する「趣味嗜好」は年齢とともに大きく変わってきます。

幼い頃に全く関心のなかった山菜類が好きになる人もたくさんいますが、まさに「趣味嗜好」が変わってきた典型的な例でしょう。

「趣味嗜好」を使った例文2

「趣味嗜好が合う人とおしゃべりすることは、とても楽しくてあっという間に時間が過ぎて行ってしまう」

同じ価値観を持つ人同士が会話をすると、時間が経つことを忘れてしまうほどに盛り上がることはよくあります。

「趣味嗜好」が似ている人の会話はそれだけ楽しいものです。



「趣味嗜好」の類語や類義語・言い換え

「趣味嗜好」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「好みの傾向」【このみのけいこう】
  • 「好きなジャンル」【すきなじゃんる】

「好みの傾向」【このみのけいこう】

「好みの傾向」「趣味嗜好」の類義語として扱うことができます。

「物事が自分にとって好ましいか、そうではないかという判断する気持ち」という意味になります。

「好きなジャンル」【すきなじゃんる】

「好きなジャンル」という言い回しも「趣味嗜好」に似ている表現です。

かなり平易な言い方ですが、普段の会話の中でも、「好きなジャンルは何?」という感じで使われています。

icon まとめ

「趣味嗜好」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、このことは人によって、多種多様です。

食事でも辛いものが好きな人もいれば、それが苦手な人もいます。

逆に甘い物好きという人もいますが、味の分野だけでも、これだけ様々なのです。

そのために「趣味嗜好」が人によって異なるので、批判するようなことだけは避けるべきです。