意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一線級」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「一線級」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一線級」という言葉を使った例文や、「一線級」の類語を紹介して行きます。

一線級

Meaning-Book
「一線級」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「一線級」とは?
  • 「一線級」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「一線級」を使った例文や短文など


「一線級」とは?

「一線級」という言葉を知っているでしょうか。

「新入社員が、一線級の活躍を見せる」場面を見たことがあるかもしれません。

一方で、「一線級」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「一線級」という言葉の意味を紹介します。

  • 「一線級」の読み方
  • 「一線級」の意味

「一線級」の読み方

「一線級」「いっせんきゅう」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違うことも少ないでしょう。

これを機会に、「一線級」「いっせんきゅう」と読みましょう。

「一線級」の意味

「一線級」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「一線級」には、「第一線で活躍できる力を持っていること」という意味があります。

「新入社員が、一線級の活躍を見せた」という時は、まだ新入社員なのに、第一線で活躍できる力を見せたという意味があります。

ちなみに「第一線」には、「戦場で、敵にいちばん近い戦線」という意味と、「ある方面の、もっとも活発で中心となる位置」という意味があります。

そのため、その会社のもっとも中心的な部署で、活躍できる時、「一線級」と呼ばれます。

このように「一線級」という言葉には、「第一線で活躍できる力を持っていること」という意味があります。



「一線級」の類語や類似表現や似た言葉

次に「一線級」の類語や類似表現を紹介します。

「一線級」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「一流」【いちりゅう】
  • 「最前線」【さいぜんせん】

「一流」【いちりゅう】

「一流」には、「その分野で第一等の地位」という意味があります。

「一流のレストラン」という時、レストラン界で第一等の地位を得ているお店ということになります。

また「一流」には「独特の流儀」という意味もあります。

「彼一流のやり方」という時は、彼独自のやり方という意味があります。

「最前線」【さいぜんせん】

「最前線」には、「戦地において、敵にいちばん近い場所」という意味があります。

また「進行している事象の最先端」という意味もあります。

「現場の最前線」「業界の最前線」などという使い方をします。

「一線級」を使った例文や短文など

続いて「一線級」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一線級」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「一線級」を使った例文1
  • 「一線級」を使った例文2

「一線級」を使った例文1

「会議で『一線級』のメンバーに囲まれて緊張する」

この例文のように、会議の他のメンバーが優秀で、緊張するような場面があるかもしれません。

特に新人時代は、第一線で活躍する先輩社員に囲まれると、緊張するかもしれません。

自分がその場にふさわしいか、疑問に感じるかもしれません。

しかし、そのような状況を乗り越えて、誰でも「一線級」と呼ばれる人材に育つのではないでしょうか。

「一線級」を使った例文2

「高齢になっても、『一線級』で活躍していたい」

この例文のように、考えている人も少なくないでしょう。

ある年齢になると、仕事の最前線から外れて、隠居のような存在になることがあります。

このような存在にならないで、最後まで中心的な仕事の役割を担いたいという人もいるでしょう。

いつまでも、自分の立つ場所で、もっとも活発な位置で活動したい、「一線級」として仕事を続けたい人は少なくないでしょう。



icon まとめ

「一線級」という言葉について見てきました。

第一線で活躍できる力を持っていると感じる時、また、そのような人を見た時、「一線級」という言葉を使ってみましょう。