意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一陣の風」の意味とは!言葉を徹底解説

「一陣の風」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一陣の風」という言葉を使った例文や、「一陣の風」の類語を紹介して行きます。

一陣の風

Meaning-Book
「一陣の風」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「一陣の風」とは?
  • 「一陣の風」を使った例文や短文など


「一陣の風」とは?

「一陣の風」という言葉を知っているでしょうか。

街中で「一陣の風」を見たことがあるかもしれません。

一方で、「一陣の風」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「一陣の風」という言葉の意味を紹介します。

  • 「一陣の風」の読み方
  • 「一陣の風」の意味1
  • 「一陣の風」の意味2

「一陣の風」の読み方

「一陣の風」「いちじんのかぜ」と読みます。

「一陣」「いちじん」「風」「かぜ」と読みます。

これを機会に、「一陣の風」「いちじんのかぜ」と読みましょう。

「一陣の風」の意味1

「一陣の風」には、「ひとしきり激しく吹く風」という意味があります。

また「突風」という意味もあります。

街中で、激しい風に吹かれた時、「一陣の風」を感じるでしょう。

また、髪型が崩れるくらいの強い風が吹き抜けた時、「一陣の風」と言います。

このように「一陣の風」には「ひとしきり激しく吹く風」「突風」という意味があります。

「一陣の風」の意味2

また「一陣の風のように」という言い回しで、突風のように素早く動く人、時代を駆け抜ける人を表現することがあります。

歴史上の人物の中に、若くして活躍し、早逝してしまった人がいますが、その突風のような人生を評して、「彼は一陣の風のようだった」などと言います。

このように「一陣の風のように」という言葉には、「突風のような人」「風のように時代を駆け抜ける人」という意味があります。



「一陣の風」を使った例文や短文など

次に「一陣の風」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一陣の風」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「一陣の風」を使った例文1
  • 「一陣の風」を使った例文2

「一陣の風」を使った例文1

「春のある日、グラウンドに『一陣の風』が吹いた」

この例文は高校生などが校庭に立っている時、強い風がグラウンドを吹き抜けたと感じた場面を文章にしたものです。

突風のような強い風を「一陣の風」と表現してみましょう。

「一陣の風」を使った例文2

「会社を立て直し、すぐに去って行ったAさんは『一陣の風』のようだった」

この例文に登場するAさんは、他の社員から見れば、突風のような存在かもしれません。

入社するや大活躍し、すぐに会社を立て直してしまい、さらに時を置かずして会社を去ってしまったからです。

このように強い風が職場を吹き抜け、去った後でも余韻を感じるような存在を「一陣の風のよう」と表現します。

icon まとめ

「一陣の風」という言葉について見てきました。

街角やグラウンドなどに強い風が吹いた時、突風が吹いた時、あるいは風のような急ぎ足の生き方をしている人を見た時、「一陣の風」という言葉を使ってみましょう。