意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「いける口」とは?意味など徹底解説

この「いける口」は、社会人になれば、(特に男性は)嫌でも一度は耳にすることになるでしょう。

Meaning-Book
「いける口」とは?意味など徹底解説>


目次

  • 「いける口」とは?
  • 「いける口」の語源
  • 「いける口」の類語や言い換え


「いける口」とは?

「いける口」とは、お酒がそれなりに飲めるかどうか聞く際に使われる言葉です。

「いける口でしょ?」と用いるだけで、「結構お酒は飲める方?」と表現することができる為、お酒に人を誘う際にはよく使われる言葉です。

注意点として、この「それなりに」「結構」という部分が曲者で、自分ではそのように思っているのでそうだと答えたものの、相手の考えるそれとは異なっているという場合少なくありません。

例えば、350mlの缶ビール2本程度で「それなりには飲める」と考える人も居れば、それを5本に加えて焼酎の水割り3杯は飲まないと、とても飲めるとは言えないと思っている人も居るからです。

よって、相手が酒豪だと分かっている時には、簡単にそうだと答えてしまうのは考えものです。



「いける口」の語源

「いける口」は、「行ける」から発展して作られた言葉で、「どんどん前へ行く」という意味をお酒の進みに引っ掛けて、このような意味で使われるようになりました。

「口」は、そのままお酒は口から飲むことからきています。

「いける口」の類語や言い換え

「いける口」と同様の意味で使われる言葉です。

これらも一見では意味が分からないかも知れません。

  • 「左利き」【ひだりきき】
  • 「うわばみ」

「左利き」【ひだりきき】

いわゆるサウスポーのことではなく、「酒飲み」を表現して使うこともできる言葉です。

その理由は、昔の武士は左手で杯を持っていた(右手はいつでも刀が抜けるように空けていた)ことからで、右利きだと分かっている人に、「お酒の方は左利きでしょ?」などと冗談交じりに使うことがあります。

「うわばみ」

大蛇のことを指す言葉と同時に、その大蛇が何でも飲み込んでしまうことから、「大酒飲み」のこととしても使われます。

「あの人はうわばみだから、まともに付き合うと大変だよ」のように用いられることが多いです。



icon まとめ

「いける口」は、男性は覚えておいた方がいい言葉です。

ただし、迂闊にそうだと言ってしまうと、大変なことになってしまうかも知れないので注意してください。