意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生還を祈る」の意味とは!言葉を徹底解説

映画や小説などで「生還を祈る」という言葉を見掛けますが、どの様な意味蛾あるのでしょうか。

例文や類語なども併せて紹介します。

生還を祈る

Meaning-Book
「生還を祈る」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「生還を祈る」とは?
  • 「生還を祈る」の表現の使い方
  • 「生還を祈る」を使った例文と意味を解釈
  • 「生還を祈る」の類語や類義語・言い換え


「生還を祈る」とは?

「生還を祈る」の概要について紹介します。

  • 「生還を祈る」の読み方
  • 「生還を祈る」の意味
  • 「生還を祈る」の言葉の成り立ち

「生還を祈る」の読み方

「生還を祈る」「せいかんをいのる」と読みます。

読み方は難しくないのですが、「還」「環」と書き間違わない様に注意しましょう。

「生還を祈る」の意味

「生還を祈る」「人に対して無事に生きて帰ることを強く心に念じること」という意味です。

自分と親しい人や尊敬する人などが事故や災害など危険な目にあったり、最初から危険な場所に行くなどした場合、残された人達は無事に戻って来るまで不安で仕方ないものです。

その様な時に相手が無事に生きて戻ってくることを強く願ったり、神仏に手を合わせて拝んだりすることを言います。

「生還を祈る」の言葉の成り立ち

「生還を祈る」「生還+を(助詞)+祈る」という言葉で成り立っています。

「生還」「命の危険を乗り越えて生きて帰って来ること」という意味です。

「祈る」「神仏に祈願する」という意味の他に「心から願う」という意味があります。

人によっては真剣に神仏を拝むこともあるので、「生還を祈る」の場合はどちらの意味も使われます。

上記の言葉が組み合わさり「危険を乗り越えて生きて帰って来ることを心から願うこと」という意味で使われる様になりました。



「生還を祈る」の表現の使い方

「生還を祈る」は、命の危険を伴う場所に行ったり、その様な仕事で出かける人に対して使われます。

単に出張やスポーツ遠征などには使われません。

家族や友人など、親しい関係にある人の身の安全を心配している時に使う言葉です。

「生還を祈る」を使った例文と意味を解釈

「生還を祈る」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「生還を祈る」を使った例文1
  • 「生還を祈る」を使った例文2

「生還を祈る」を使った例文1

「戦争に行った息子の無事な生還を祈る」

戦争に行った息子を持つ両親の切なる願いでしょう。

自分達から望んで戦争に行かせた訳ではないので、辛い思いをしていることでしょう。

武勇を立てなくてもいいからとにかく無事で帰ってきて欲しい、という気持ちが表れています。

「生還を祈る」を使った例文2

「災害に遭って音信不通の友人の無事な生還を祈っている」

大きな災害が起きると通信がシャットアウトされて電話やメールが通じにくくなります。

被災地の友人と連絡が取れずに心配している様子が表れています。



「生還を祈る」の類語や類義語・言い換え

「生還を祈る」の類語を紹介します。

  • 「生き延びることを願う」
  • 「無事に帰還して欲しい」

「生き延びることを願う」

「危険な状態で何とかして生きて切り抜けることを望む」という意味です。

やはり体裁などはどうでもよく、その人が生きていればいいと思っている状態です。

「無事に帰還して欲しい」

「生きて帰ってきて貰いたい」という意味です。

「帰還」「戦場など遠くの地から戻ってくること」という意味で、「無事に」があることから「生きていてもらいたい」という意味が含まれます。

icon まとめ

「生還を祈る」「人に対して無事に生きて帰ることを強く心に念じること」という意味です。

人を心から心配する時に使いましょう。