意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「冗談のつもり」の意味とは!言葉を徹底解説

「冗談のつもり」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「冗談のつもり」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

冗談のつもり

Meaning-Book
「冗談のつもり」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「冗談のつもり」とは?
  • 「冗談のつもり」の表現の使い方
  • 「冗談のつもり」の「つもり」の意味
  • 「冗談のつもり」の類語や類義語・言い換え


「冗談のつもり」とは?

「冗談のつもり」というのは、前もって冗談だと考えていた、冗談にする予定だった、という意味になります。

冗談、という言葉にはふざけてする内容という意味があり、つもり、という言葉には前もってそうするつもりだったという意味があります。

例えば、誰でも他の人にいたずらを仕掛けた経験があるのではないでしょうか。

しかし、もしもそのいたずらによってその人が怪我をしてしまったときなど、「冗談のつもりだった」と説明することがあるかもしれませんね。



「冗談のつもり」の表現の使い方

誰しも冗談をいうことがありますよね。

あるいは、冗談の感覚でいたずらを仕掛けるということもあるのではないでしょうか。

しかし、もしもそれがうまくいたずらとして笑い話にならず、誰かが怪我をしてしまった、深刻なトラブルに発展してしまった、などという場合は「冗談のつもりでした」などと表現することがあります。

特に大きなトラブルになってしまった場合など、なぜそのようなことをしたのか問われた場合には「あくまでも冗談のつもりだった」などと説明します。

「冗談のつもり」の「つもり」の意味

「つもり」という言葉には前もってそうする予定だった、という意味があります。

例えば、「明日は早く起きるつもりです」と言えば明日は早く起きる予定です、という意味になりますね。

「今日は早く寝るつもりです」と言えば、その日の夜は早く寝る計画である、という意味になります。

  • 「冗談のつもり」を使った例文1
  • 「冗談のつもり」を使った例文2

「冗談のつもり」を使った例文1

「冗談のつもりでいたずらを仕掛けたのですが、大事になってしまいました」

冗談のつもりでいたずらを仕掛けたら、最終的に大事になってしまった、という経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

特に小さい頃はその危険性などを理解せずにいたずらを仕掛けてしまうことがありますよね。

そのため、誰かが怪我をしてしまった、誰かが怪我をする可能性が極めて高くなってしまった、などということもあるかもしれません。

もしもいたずらをする時などは、他の人に迷惑がかからないことをしっかり確認する必要があります。

「冗談のつもり」を使った例文2

「冗談のつもりだったらしいけれど、私はかなり傷つきました」

冗談のつもりで誰かに何かを言ってしまい、その人を傷つけてしまったという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

冗談のつもりでその人をからかったにもかかわらず、その人が本気に捉えてしまった、深刻に捉えてしまった、などとなれば、その人を傷つけてしまう可能性が高まります。

冗談をいうときにはその冗談が通じるかどうか、しっかりと考える必要があります。



「冗談のつもり」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「軽い気持ちで」【かるいきもちで】
  • 「軽率」【けいそつ】

「軽い気持ちで」【かるいきもちで】

「軽い気持ちで」というのは深く考えずに物事をする、という意味があります。

それとなく、さりげなく、という意味になります。

「軽率」【けいそつ】

「軽率」というのは深く考えずに何かをする、軽はずみ、ということになります。

最近はTwitterなどで「気軽に」という意味で使われることもありますが、それはあくまでも誤った使い方になります。

icon まとめ

誰でも、1度は「冗談のつもりだった」と発言したことがあるのではないでしょうか。

深刻なトラブルにならないかどうか、しっかりと考えてから行動しなければいけません。