意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「需要が伸びる」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「需要が伸びる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「需要が伸びる」という言葉を使った例文や、「需要が伸びる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「需要が伸びる」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「需要が伸びる」とは?
  • 「需要が伸びる」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「需要が伸びる」を使った例文や短文など
  • 「需要と供給」の意味


「需要が伸びる」とは?

みなさんは「需要が伸びる」という言葉を知っているでしょうか。

雨が降った時、「傘の需要が伸びる」と感じたことがあるかもしれません。

一方で、「需要が伸びる」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「需要が伸びる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「需要が伸びる」の読み方
  • 「需要が伸びる」の意味

「需要が伸びる」の読み方

「需要が伸びる」「じゅようがのびる」と読みます。

「需要」「じゅよう」「伸びる」「のびる」と読みます。

これを機会に、「需要が伸びる」「じゅようがのびる」と読みましょう。

「需要が伸びる」の意味

「需要が伸びる」という言葉の意味を紹介します。

「需要が伸びる」には、「入手しようとする欲求が増加すること」という意味があります。

雨が降ると、傘を欲しいと思う人が増えるため、必要性が増加したと言えるでしょう。

そのため雨が降ると「傘の需要が伸びる」と説明できます。

このように「需要が伸びる」には「必要性が増加すること」という意味があります。



「需要が伸びる」の類語や類似表現や似た言葉

次に「需要が伸びる」の類語や類似表現を紹介します。

「需要が伸びる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ニーズが増加する」【にーずがぞうかする】
  • 「消費の拡大」【しょうひのかくだい】

「ニーズが増加する」【にーずがぞうかする】

「ニーズが増加する」には、「必要性が増える」という意味があります。

「需要が伸びる」と似た意味を持つ言葉になります。

「タピオカのニーズが増加する」などという使い方をします。

「消費の拡大」【しょうひのかくだい】

「消費の拡大」には、「消費者が物やサービスを買おうとする意欲が増えること」という意味があります。

景気が良くなると、市民がお金を使いたくなるため、「消費の拡大」が起こります。

「需要が伸びる」を使った例文や短文など

「需要が伸びる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「需要が伸びる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「需要が伸びる」を使った例文1
  • 「需要が伸びる」を使った例文2

「需要が伸びる」を使った例文1

「夏になるとエアコンの『需要が伸びる』」

この例文のように、夏が近づくと、部屋の温度を快適に保ってくれるエアコンの必要性がまします。

エアコンの売れ行きが伸びるのも、蒸し暑くなった梅雨から夏にかけての季節でしょう。

特に猛暑が予想される夏は、エアコンの「需要が伸びる」傾向があります。

「需要が伸びる」を使った例文2

「初来的に『需要が伸びる』サービスを提供する会社に入りたい」

この例文のような思いを持っている人も、少なくないでしょう。

現在の、IT系企業のように、人々の必要性が高い仕事を提供している会社に入ると、倒産のリスクが少なくなり、給与も高くなりやすいかもしれません。



「需要と供給」の意味

「需要」という言葉を使った、「需要と供給」という言葉があります。

世の中に出回っている商品の値段は「需要と供給」によって決まります。

特に野菜など、季節や時期によって値段が変わる商品は「需要と供給」の影響をそのまま受けます。

野菜が欲しいと思う消費者の気持ちが「需要」で、農家が市場に野菜を出荷することを「供給」になります。

野菜が欲しいと思う消費者が増えると「需要が伸びる」ことになり、「供給される野菜」が減ると、野菜が高騰します。

このように欲しいと思う消費者の気持ちを「需要」、市場などに商品が提供されることを「供給」と呼び、その関係性を「需要と供給」と言います。

icon まとめ

「需要が伸びる」という言葉について見てきました。

何かの必要性が増加する時、「需要が伸びる」という言葉を使ってみましょう。