意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手が回らない」の意味とは!言葉を徹底解説

「手が回らない」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「手が回らない」という表現について紹介していきます。

手が回らない

Meaning-Book
「手が回らない」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「手が回らない」とは?
  • 「手が回らない」の表現の使い方
  • 「手が回らない」を使った例文と意味を解釈
  • 「手が回らない」の類語や類義語・言い換え


「手が回らない」とは?

「手が回らない」というのはこなすべき仕事が多くて慌ただしい、忙しい、多忙な、という意味です。

仕事に追われてしまい、こなすべき仕事をする余裕がない、忙しくて対応している暇がない、という時にもこの表現が使われます。

仕事が多くて余裕がない場合にもこの表現が使えますね。

年度末等は仕事が忙しく、他のことに「手が回らない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

終わらせなければいけない仕事が多くて終わらない、これ以上何かを頼まれたら困る、という状態はまさに「手が回らない」状態だといえます。



「手が回らない」の表現の使い方

「手が回らない」というのは仕事が多すぎて余裕がない、忙しすぎて対応できない、などという時に使われます。

年度末などは仕事が繁忙期になり、どうしても「これ以上の仕事はいらない」「今ある仕事でさえ終わらせられるかわからない」と感じる人もいるのではないでしょうか。

何かを頼まれたときなど、「これ以上は手が回らないので」と説明することもあるかもしれませんね。

終わらせられないであろう仕事は任されるべきではありません。

もしもやらなければいけないのであればしっかりと優先順位を立て、誰かに助けを借りることも大切です。

「手が回らない」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「手が回らない」を使った例文1
  • 「手が回らない」を使った例文2

「手が回らない」を使った例文1

「手が回らない場合は先に申し出てください」

仕事が忙しすぎて終わらせられない、などという場合は先に助けを求めることも大切です。

いざひとりで抱え込んでしまい、「終わりませんでした」というわけにはいかないですよね。

もし手が回らないのであれば、事前に誰かに相談しましょう。

「手が回らない」を使った例文2

「手が回らないので、これだけはお受けできません」

仕事が忙しくて手が回らない時、それでも誰かから仕事を任されるということもあるかもしれません。

そのような場合はきちんと説明しましょう。

仕事を終わらせられなければ逆に周りに迷惑をかけてしまう可能性がありますので、終わらないものは終わらない、とはっきりさせることも大切です。



「手が回らない」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「目が回る忙しさ」【めがまわるいそがしさ】
  • 「殺人的スケジュール」【さつじんてきすけじゅーる」

「目が回る忙しさ」【めがまわるいそがしさ】

「目が回る忙しさ」というのは仕事などが多くて余裕がない様子、という意味を持ちます。

目が回る、というのは忙しい様子を形容した表現になります。

「殺人的スケジュール」【さつじんてきすけじゅーる」

「殺人的スケジュール」というのはこなすべき仕事が多くて忙しい、慌ただしい、という意味になります。

火事場のような騒ぎ、怒涛の毎日、などと言われますね。

icon まとめ

「手が回らない」という状態は多くの人が経験を持つのではないでしょうか。

時期的に仕方がないこともありますが、できる限り休みながら、ストレスを溜めずに仕事をしたいですね。