意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「晒しあげる」の意味とは!言葉を徹底解説

「晒しあげる」とは、「本人が知られたくない事柄をウェブ上に公開して、広く人目につくようにして非難する行為」を意味する言葉です。

「晒しあげる」「意味・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

晒しあげる

Meaning-Book
「晒しあげる」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「晒しあげる」とは?
  • 「晒しあげる」の表現の使い方
  • 「晒しあげる」を使った例文と意味を解釈
  • 「晒しあげる」の類語や類義語・言い換え


「晒しあげる」とは?

「晒しあげる(さらしあげる)」という表現は、「本人が知られたくない事柄・個人情報を、主にウェブ上(匿名掲示板など)に制裁目的で公開して、広く人目につくようにする行為」を意味しています。

「晒しあげる」というのは、「本人が人に知られたくない醜態・恥ずかしい姿・犯罪・悪事・非常識な言動などを、主にネット上で公開したり暴露したりする行為」を意味しているのです。



「晒しあげる」の表現の使い方

「晒しあげる」の表現の使い方は、「本人が知られたくない恥ずかしい事柄や犯罪行為などを、主にウェブ上(匿名掲示板など)に公開して広く人目につくようにする場合」に使うという使い方になります。

例えば、「学校で自分の悪口ばかり言っている気に入らない同級生の個人情報や写真を、5ちゃんねるで晒しあげることにしました」といった文章で使うことができます。

「晒しあげる」を使った例文と意味を解釈

「晒しあげる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「晒しあげる」を使った例文1
  • 「晒しあげる」を使った例文2

「晒しあげる」を使った例文1

「凶悪な犯罪者に対する刑罰が軽すぎると思うネットユーザーが、時に犯罪者の家族や住所などの個人情報を晒しあげることがあります」

この「晒しあげる」を使った例文は、「凶悪な犯罪者に対する刑罰が軽すぎると思うネットユーザーが、時に犯罪者の家族や住所などの個人情報を見せしめのためにウェブ上に勝手に公開することがある」ということを意味しています。

「晒しあげる」を使った例文2

「他人のちょっとしたマナー違反や迷惑行為を、ウェブ上で晒しあげる行為には名誉毀損などの法的問題が生じることもあります」

この「晒しあげる」を使った例文は、「他人のちょっとしたマナー違反や迷惑行為を、ウェブ上に一方的に公開して見せしめにする行為には、名誉毀損などの法的問題が生じることもある」ということを意味しています。



「晒しあげる」の類語や類義語・言い換え

「晒しあげる」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「見せしめにする」
  • 「袋叩きにする」【ふくろだたきにする】

「見せしめにする」

「晒しあげる」の類義語・言い換えとして、「見せしめにする」があります。

「晒しあげる」という表現は、「本人が知られたくない情報を勝手に公開して見せしめにすること」を意味しています。

その意味から、「晒しあげる」に良く似た意味を持つ類義語として、「見せしめにする」を指摘できます。

「袋叩きにする」【ふくろだたきにする】

「晒しあげる」の類語・言い換えには、「袋叩きにする」があります。

「晒しあげる」という言葉は、「その人の失敗・悪事・醜態(恥ずかしい姿)などを勝手にウェブ上に公開して、みんなで非難して袋叩きにする」ということを意味しています。

その意味から、「晒しあげる」の表現は「袋叩きにする」という表現に言い換えられるケースがあるのです。

icon まとめ

「晒しあげる」という言葉について解説しましたが、「晒しあげる」には「本人が知られたくない事柄・個人情報をウェブ上に制裁(私怨)で公開して、広く人目につくようにする行為」などの意味があります。

「晒しあげる」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「見せしめにする」「袋叩きにする」などがあります。

「晒しあげる」という言葉について調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。