意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「幕切れ」の意味とは!言葉を徹底解説

「幕切れ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「幕切れ」という言葉を使った例文や、「幕切れ」の類語を紹介して行きます。

幕切れ

Meaning-Book
「幕切れ」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「幕切れ」とは?
  • 「幕切れ」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「幕切れ」を使った例文や短文など


「幕切れ」とは?

みなさんは「幕切れ」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンで、「この話し合いを持って、この件を幕切れにする」などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「幕切れ」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「幕切れ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「幕切れ」の読み方
  • 「幕切れ」の意味

「幕切れ」の読み方

「幕切れ」「まくぎれ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「幕切れ」「まくぎれ」と読みましょう。

「幕切れ」の意味

「幕切れ」という言葉の意味を紹介します。

「幕切れ」には、「物事の終わり」という意味があります。

そのため「この話し合いを持って、この件を幕切れにする」という時は、事件などを終わりにするための話し合いをして、終わらせるという意味があります。

また「幕切れ」には、「演劇における、一幕の終わり」という意味もあります。

このように「幕切れ」には、「物事の終わり」「一幕の終わり」という意味があります。



「幕切れ」の類語や類似表現や似た言葉

次に「幕切れ」の類語や類似表現を紹介します。

「幕切れ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「土壇場」【どたんば】
  • 「大詰め」【おおづめ】

「土壇場」【どたんば】

「土壇場」には、「決断を迫られる、最後の場面」「進退窮まった状態」という意味があります。

「土壇場で、話をひっくり返される」という時は、最後の場面で、まとまっていた話を白紙にされたなどの意味があります。

「大詰め」【おおづめ】

「大詰め」には、「物事の終わりの段階」という意味があります。

「物語が大詰めを迎える」という時は、物語が終わりの段階を迎える、エンディングを迎えるという意味があります。

「幕切れ」を使った例文や短文など

次に「幕切れ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「幕切れ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「幕切れ」を使った例文1
  • 「幕切れ」を使った例文2

「幕切れ」を使った例文1

「あっけない『幕切れ』に終わる」

この例文は、物語などの結末があっけなかったという意味があります。

もっと盛り上がる結末になると思ったが、それほど盛り上がりもなく物語が終わった時に、「あっけない幕切れだった」などと言います。

「幕切れ」を使った例文2

「長いプロジェクトが、ようやく『幕切れ』に近づく」

この例文は、長期間続いた仕事上のプロジェクトが、終わりに近づいたという意味があります。

ようやく終われる、終わってしまうのが寂しいなど、様々な思いが渦巻くでしょう。

このように物事の終わりを「幕切れ」と表現できます。



icon まとめ

「幕切れ」という言葉について見てきました。

物事が終わる時、演劇の幕が下りる時、「幕切れ」という言葉を使ってみましょう。