意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「甚大な災害」の意味とは!言葉を徹底解説

「甚大な災害」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「甚大な災害」という表現について詳しく紹介していきます。

甚大な災害

Meaning-Book
「甚大な災害」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「甚大な災害」とは?
  • 「甚大な災害」の表現の使い方
  • 「甚大な災害」を使った例文と意味を解釈
  • 「甚大な災害」の類語や類義語・言い換え


「甚大な災害」とは?

「甚大な災害」というのは被害の程度がとても大きい被害、甚だしい災害、という意味になります。

「災害」と言う言葉には天災や戦争、事故などによって受ける災いと言う意味があります。

一般的には災害という表現を主語にして、「甚大な災害をもたらす」のように表現されます。

最近、日本では「甚大な被害」が相次いでいると言われていますね。

2018年には大阪北部地震や西日本豪雨等が起こり、土砂崩れや長期に渡る断水などに悩まされた人もいるのではないでしょうか。

地球温暖化などの問題によって天候に異変が起きているとも言われており、今後も「甚大な災害」が起こるのではないかという意識が高まっています。

  • 「甚大な災害」の読み方

「甚大な災害」の読み方

「甚大な災害」という表現は「じんだいなさいがい」と読みます。

近年特によく聞く表現ですのでぜひ覚えておきましょう。



「甚大な災害」の表現の使い方

「甚大な災害」という表現はニュースで聞くことも多いのではないでしょうか。

例えば、2011年3月11日の東日本大震災は非常に「甚大な災害」になりましたね。

福島原発の事故も重なり、多くの人が避難を強いられたのです。

いまだに故郷に戻れないという人も多く、被害を受けた地域もまだ完全に復興したとは言えない状態です。

もしもこのような「甚大な災害」が起こったらどのように対応すればよいのか、どのように家族と連絡を取り、どのように避難すればよいのか、などということについて真剣に考えていかなければいけません。

「甚大な災害」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「甚大な災害」を使った例文1
  • 「甚大な災害」を使った例文2

「甚大な災害」を使った例文1

「相次ぐ甚大な災害が話題になっています」

日本は地震大国ですが、地震以外にも台風など、人々の生活に大きな影響をもたらす自然がたくさんあります。

そのため、地震が起こり、台風が起こり、さらに大雨が降り、という状態が繰り返されると甚大な被害となり、人々の生活に大きな被害をもたらすと言えるでしょう。

地震や台風は防げませんので、そのような問題が起こったときにどうすれば良いのか、しっかりと考えていかなければいけません。

自分には関係ないと思っていてはいけないのです。

「甚大な災害」を使った例文2

「甚大な災害が起こったときのためにどうすれば良いか、しっかりと考えていきましょう」

防災意識を高めることが何よりも大切なのではないでしょうか。

例えば、家族とどのように連絡を取るのか、どこに避難するのか、しっかりと考えておかなければいけませんね。

東日本大震災は子供たちが学校にいる間に起こったものであり、子供たちが学校にいたら一体どこで家族と落ち合えば良いのか、などということも話題になりました。

学校や会社もいざという時にどのような避難をするのか、防災マニュアルを整えていかなければいけません。



「甚大な災害」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「激甚な被害」【げきじんなひがい】
  • 「深刻な被害」【しんこくなひがい】

「激甚な被害」【げきじんなひがい】

「激甚な被害」という表現も程度が甚だしい損害という意味で使われる言葉です。

「激甚」という言葉には甚だしいこと、非常に激しいこと、という意味があります。

「深刻な被害」【しんこくなひがい】

「深刻な被害」という言葉にも程度が甚だしい損害という意味があります。

「深刻」という言葉には重大で深く心に刻みつけられる様子、非常に惨たらしい様子という意味があります。

icon まとめ

「甚大な災害」が毎年のように起こっています。

災害が起こったらどのようにしたらよいのか、家族でしっかりと話し合っておきましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。