意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大事なこと」の意味とは!言葉を徹底解説

「大事なこと」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「大事なこと」という言葉を使った例文や、「大事なこと」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「大事なこと」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「大事なこと」とは?
  • 「大事なこと」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「大事なこと」を使った例文や短文など


「大事なこと」とは?

「大事なこと」という言葉を知っているでしょうか。

「大事なことのため、うやむやにできない」などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「大事なこと」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「大事なこと」という言葉の意味を紹介します。

  • 「大事なこと」の読み方
  • 「大事なこと」の意味

「大事なこと」の読み方

「大事なこと」「だいじなこと」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「大事なこと」「だいじなこと」と読みましょう。

「大事なこと」の意味

「大事なこと」という言葉の意味を紹介します。

「大事なこと」には、「重大なこと」「容易でないこと」という意味があります。

そのため「大事なことのため、うやむやにできない」という言葉には、「重大なことのため、うやむやにはできない」という意味があります。

このように、「大事なこと」には「重大なこと」「容易なこと」という意味があります。



「大事なこと」の類語や類似表現や似た言葉

次に「大事なこと」の類語や類似表現を紹介します。

「大事なこと」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「要点」【ようてん】
  • 「意義深い」【いぎぶかい】

「要点」【ようてん】

「要点」には、「物事の中心になるところ」という意味があります。

「要点を掴むのが早い」という時は、物事の肝になるようなコツを掴むのが早いという意味になります。

「意義深い」【いぎぶかい】

「意義深い」には、「深い意味や立派な価値がある」という意味があります。

「意義深い話」「意義深いテーマ」には「深い意味のある話」「立派な価値のあるテーマ」という意味があります。

「大事なこと」を使った例文や短文など

続いて「大事なこと」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「大事なこと」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「大事なこと」を使った例文1
  • 「大事なこと」を使った例文2

「大事なこと」を使った例文1

「『大事なこと』のため、きちんと説明したい」

この例文には、重要な部分を説明する時、いい加減にならないよう、しっかり説明をしたいという意味があります。

重要なことを話す時、相手に誤解されては大変です。

そのため、「大事なこと」ほど、きちんと説明する必要があるでしょう。

「大事なこと」を使った例文2

「『大事なこと』は先延ばしにできない」

この例文は、重要なことや容易でないことは、先延ばしにはできないという意味があります。

たくさんのタスクが山積みになっている時、優先順位を付けてから始めることが大切なので、「大事なこと」を中心にスケジュールを組むことが大切になります。



icon まとめ

「大事なこと」という言葉について見てきました。

重要なことや容易でないことを話す時、重要なことを扱う時等に、「大事なこと」という言葉を使ってみましょう。