意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「稚拙な意見」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「稚拙な意見」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「稚拙な意見」という言葉を使った例文や、「稚拙な意見」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「稚拙な意見」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「稚拙な意見」とは?
  • 「稚拙な意見」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「稚拙な意見」を使った例文や短文など


「稚拙な意見」とは?

「稚拙な意見」という言葉を知っているでしょうか。

社会人として活躍している人は、ビジネスシーンで、「会議中に稚拙な意見を聞いた」という人もいるでしょう。

一方で、「稚拙な意見」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「稚拙な意見」という言葉の意味を紹介します。

  • 「稚拙な意見」の読み方
  • 「稚拙な意見」の意味

「稚拙な意見」の読み方

「稚拙な意見」「ちせつないけん」と読みます。

「稚拙」「ちせつ」「意見」「いけん」と読みます。

これを機会に、「稚拙な意見」「ちせつないけん」と読みましょう。

「稚拙な意見」の意味

「稚拙な意見」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「稚拙な意見」には、「幼稚で未熟な意見」という意味があります。

例えば「会議中に稚拙な意見が飛び出す」という時、まるで子供が考えたような幼稚で未熟な意見が飛び出したということになります。

一人前の大人が考えたと思えないような意見を聞いた時、「稚拙な意見」という言葉を使ってみましょう。

このように「稚拙な意見」には、「幼稚で未熟な意見」という意味があります。



「稚拙な意見」の類語や類似表現や似た言葉

次に「稚拙な意見」の類語や類似表現を紹介します。

「稚拙な意見」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「幼稚」【ようち】
  • 「未熟」【みじゅく】

「幼稚」【ようち】

「幼稚」という言葉には、「幼く、つたない」という意味があります。

小さな子供は何をしても、幼くつたないものですが、そのような様子のまま、大人になった人は、「幼稚な人」と呼ばれます。

「未熟」【みじゅく】

「未熟」という言葉には「成熟していないこと」という意味があります。

大人としてきちんと成熟していない人は、「未熟な人」と呼ばれます。

子供っぽい部分が残っていて、まだ大人になりきれていない人は、完熟したフルーツになっていないように、「青臭い」などと呼ばれます。

このような「青臭い人」「未熟な人」と呼ばれます。

「稚拙な意見」を使った例文や短文など

続いて「稚拙な意見」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「稚拙な意見」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「稚拙な意見」を使った例文1
  • 「稚拙な意見」を使った例文2

「稚拙な意見」を使った例文1

「一人前の大人が述べたとは思えないような、『稚拙な意見』を聞いた」

この例文は、すでに成人している男性や女性と話し合った時に、幼稚で未熟な意見を聞いて驚いた人の心の中を文章にしたものです。

普通に成長していれば、考えもつかないような、子供時代そのままの発想で何かをいう人の意見は、「稚拙な意見」と言えるでしょう。

「稚拙な意見」を使った例文2

「例え『稚拙な意見』と思われても、正しいと思ったことは言わなければならない」

子供の意見は、「稚拙な意見」と思われがちです。

しかし、この例文のように、大人から見れば幼稚で未熟だと思えるような意見だとしても、正しいと思うことは、言わなければならないかもしれません。

大人が間違ったことをしていた時、そのままではいけないと思った時、未熟でも幼くても気にせず、正しい意見を述べてみましょう。



icon まとめ

「稚拙な意見」という言葉について見てきました。

会議の場で、あるいはテレビの討論番組などで、誰かの幼稚で未熟な意見を聞いた時、「稚拙な意見」という言葉を使って見ましょう。