意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「前面に出す」の意味とは!言葉を徹底解説

状況に応じた言葉の表現には様々な種類がありますが、使う機会の多い言葉に「前面に出す」があります。

しかし正しく理解しないまま使っている人も多く、どのような言葉か紹介していきます。

前面に出す

Meaning-Book
「前面に出す」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「前面に出す」とは?
  • 「前面に出す」の表現の使い方
  • 「前面に出す」を使った例文と意味を解釈
  • 「前面に出す」の類語や類義語・言い換え


「前面に出す」とは?

「前面に出す」という言葉は物事において対象となるものを前に出していくことを意味します。

元々前面には「前の方」という意味に加えて目につく位置・場所といった意味合いも持ちます。

そしてそこに「出す」となるため対象となるものを前に出すという解釈となります。



「前面に出す」の表現の使い方

「前面に出す」という言葉を使う際、多くは感情を表現する言葉として用いられます。

感情の種類も様々であり、喜怒哀楽に応じて適応します。

しかし感情における「前面に出す」とは感じていることをより強調して伝える意味合いも含まれます。

そのため「思いや気持ちを強く伝える」というニュアンスを含み、使われます。

「前面に出す」を使った例文と意味を解釈

「前面に出す」という言葉は様々な場面で用いられますが、正しくはどのような使い方となるか例文を紹介していきます。

  • 「前面に出す」を使った例文1
  • 「前面に出す」を使った例文2

「前面に出す」を使った例文1

「今回初めて優勝することが出来た。今は抑えているけど誰かに聞かれたときはこの思いを前面に出すつもりだよ」

この場合、「前面に出す」とは優勝に伴う喜びの感情となります。

そしてその感情は誰かからの話や問いがあった時に最大限に表現するとしています。

「前面に出す」を使った例文2

「上司に『君はいつも考えていることを押し黙っているね。たまには主張を前面に出すと良いよ』と言われた」

この場合、上司からの指導・アドバイスとして用いられています。

考えていることをアピールできずに我慢しているため、たまには抑え込まずに思ったことを発信していくと良いという意味で用いられています。



「前面に出す」の類語や類義語・言い換え

「前面に出す」という言葉は場面に応じて使い分けも多く、類語や言い換えた言葉も存在します。

どのような言葉があるか紹介していきます。

4-1「主張する」

「主張する」とは対象に対して自身が抱えているものを周囲に発信する事を意味します。

それには感情も含まれますが、多くは自身の持つ価値観に基づく考え・意見・意思などとされています。

「表に出る」

「表に出る」という言葉は対象となるものが表面化し周囲に認識・認知されていることを意味します。

感情や思い等もありますが、悪いことや隠していたことなども含まれます。

また「前面に出す」では意図して出すことを意味しますが、「表に出る」では結果的に出るといった解釈となり、類語とされています。

icon まとめ

「前面に出す」という言葉は使う機会も多く、言葉からおおよその意味を理解している人も多いです。

特に自己主張が少ない人たちにとってはとても大切な言葉ともいえます。

しかし類語や言い換えた表現も存在しており、誤って使うと誤解を生みかねないため注意が必要です。