意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「燦然と輝く」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「燦然と輝く」という言葉を見たら、どのようなことをイメージするでしょうか?

この言葉を耳にすると、非常に眩しく限りなく栄誉のある印象を覚えるのですが、ここでこの「燦然と輝く」をフォーカスしていこうと思います。

燦然と輝く

Meaning-Book
「燦然と輝く」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「燦然と輝く」とは?
  • 「燦然と輝く」を分解して解釈
  • 「燦然と輝く」の表現の使い方
  • 「燦然と輝く」を使った例文と意味を解釈
  • 「燦然と輝く」の類語や類義語・言い換え


「燦然と輝く」とは?

「燦然と輝く」とは、「非常に眩しくキラキラと光っている」という意味がある表現です。

  • 「燦然と輝く」の読み方

「燦然と輝く」の読み方

「燦然と輝く」「さんぜんとかがやく」と読みますが、時に「燦然」が難しい漢字を用いますので、ここで間違いのないようにしっかりとチェックして覚えておくようにしましょう。



「燦然と輝く」を分解して解釈

「燦然と輝く」「燦然」「輝く」の2つの言葉に分けて、それぞれの言葉の意味を解釈してみることにしましょう。

  • 「燦然」
  • 「輝く」

「燦然」

「燦然」とは「きらきらと光り輝くさま」「照り輝く」という意味があります。

「輝く」

「輝く」「眩しいように光る」という意味になりますが、使われるシチュエーションによっては、「名誉、喜びなどで華々しく見える」と解釈することができます。

「燦然と輝く」の表現の使い方

「燦然と輝く」「非常に眩しく光る」という意味になりますので、象徴的なものが眩しく輝くモニュメントなどを指して表現する場合に使われます。

また、スポーツ界で大きな功績を残した人を指して、その人の栄誉を称えるような面でも、使われることがあります。



「燦然と輝く」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「燦然と輝く」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージすることにしましょう。

  • 「燦然と輝く」を使った例文1
  • 「燦然と輝く」を使った例文2

「燦然と輝く」を使った例文1

「彼が今まで築いてきた栄光は燦然と輝いていたが、その中身を見てみると、内容は破綻だらけだった」

スーパースターと呼ばれる人は、本当に「燦然と輝く」歴史を作ってきたのですが、中には表面的に輝いて見えても、中身は惨憺たるものだったという人も少なくありません。

見た目はすごく凛としている印象があっても、実際に話をしてみると、薄っぺらな人だったということもあるかもしれません。

逆に本当に「燦然と輝く人」は、自然と眩しいオーラを身にまとっているものです。

「燦然と輝く」を使った例文2

「燦然と輝いて見える機械文明でも、人間的な精神性は失われている」

現代社会はある意味、「機械文明」と言えるかもしれません。

インターネットを使い、大変豊かな文明ですが、人間の精神性はその進化についていないのかもしれません。

機械文明の進化とともに、人間の精神性も進化していくことが大切です。

「燦然と輝く」の類語や類義語・言い換え

「燦然と輝く」を他の言葉で言いかえるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「きらめく」
  • 「煌々と輝く」【こうこうとかがやく】

「きらめく」

「きらめく」という言葉が「燦然と輝く」に類語として挙げることができます。

「明るく華々しくその存在が示される様子」を表した言葉です。

「煌々と輝く」【こうこうとかがやく】

「煌々と輝く」という言葉がありますが、「眩しいほどの煌めきを伴い存在感を示すこと」という意味があります。

この言い回しは、長い間、ずっと輝き続いているニュアンスがあります。

icon まとめ

「燦然と輝く」という言葉の意味や活用シーンを紹介してきましたが、この言葉は、普段の会話の中では頻繁に使われることがありません。

どちらかというと、小説やコラムの中で用いる言葉かもしれませんが、この言葉を使うシーンは、非常に栄光のある人を指していたりと、色々なシチュエーションが想定されるので、知っておいて便利な言葉でしょう。

私達の生活の中でも、このような場面に出くわしてみたいものです。