意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「のどかな日常」の意味とは!言葉を徹底解説

「のどかな日常」という表現を聞いたことがあるでしょうか。

ここでは「のどかな日常」という表現について詳しく紹介していきます。

のどかな日常

Meaning-Book
「のどかな日常」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「のどかな日常」とは?
  • 「のどかな日常」の表現の使い方
  • 「のどかな日常」を使った例文と意味を解釈
  • 「のどかな日常」の類語や類義語・言い換え


「のどかな日常」とは?

「のどかな日常」というのは争いが起こらず、良好な関係が保たれている状態、穏やかな時代、という意味を指します。

落ち着いた雰囲気の中での生活、という意味もありますね。

特に何も問題が起こらず、穏やかに過ごせる日常はまさに「のどかな日常」と言えるでしょう。

学校に行ったり仕事に行ったりしていると、どうしても揉め事に巻き込まれたり、やらなければいけないことに追われたりしてなかなかのどかに過ごせない、ということもあるかもしれません。

しかし、そのような中でも特に揉め事が起こらず穏やかに過ごせるのであれば、それは「のどかな日常」だと言えるでしょう。



「のどかな日常」の表現の使い方

学校に行ったり仕事に行ったりしていると、「のどかな日常」は送れないと考える人もいるかもしれません。

勉強しなければいけない、受験に向けてテレビも見ずにがんばらなければいけない、 家族のために仕事をしている、 残業なども多くて滅多にのんびりできない、などという人もいるのではないでしょうか。

しかし、それでも引退したら「のどかな日常」を過ごしたいと考える人もいるかもしれませんね。

定年して夫婦2人で静かな生活を送りたい、特に揉め事などに巻き込まれず、楽しく生活したい、と考える人もいるのではないでしょうか。

「のどかな日常」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「のどかな日常」を使った例文1
  • 「のどかな日常」を使った例文2

「のどかな日常」を使った例文1

「田舎ではのどかな日常が過ごせましたが、都会はやはり忙しいですね」

進学や就職で都会に出たという人も多いのではないでしょうか。

その一方で、都会はやはり忙しい、人が多すぎて大変、通勤時間が長すぎて辛い、などと感じる人もいるかも知れませんね。

田舎は都会よりも退屈だったけれどのんびりできる、と考える人は珍しくないと言われています。

都会に出て初めて田舎の良さに気づいた、という人もいるのではないでしょうか。

「のどかな日常」を使った例文2

「仕事は忙しいけれど、できるだけのどかな日常が過ごせるように意識しています」

仕事に追われ、なかなか家でものんびりできないということもあるかもしれません。

しかし、可能な限り家でものんびりする時間を作り、家族で過ごす時間を楽しんでみましょう。

可能ならば家では仕事をしない、家族との時間を大事にする、と意識することによって「のどかな日常」が送れるかもしれません。

勉強も大切ですが、リラックスする時間を忘れないようにしてください。



「のどかな日常」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

4-1「穏やかな日常」【おだやかなにちじょう】

「穏やかな日常」というのは静かでのどかな毎日、安らかな日々、という意味になります。

気持ちが落ち着いていて物静か、特に興奮しない日常、という意味になるのです。

「物静かな日常」【ものしずかなにちじょう】

「物静かな日常」というのは落ち着いていて静かな日常、穏やかな日常、などという意味があります。

でしゃばらず、目立たない日常という意味にもなりますね。

icon まとめ

忙しい時代だからこそ、「のどかな日常」を手に入れたいと思う人も多いのではないでしょうか。

リラックスする時間を大切にし、家族との時間を尊重するように意識してみましょう。