意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「お察しします」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは、日頃の会話の中で「お察しします」という言葉を使う機会があるかと思います。

仕事をされている人であれば、なおさら使う頻度が多くなることもあります。

そこで今回は、この「お察しします」について説明をしていくことにします。

Meaning-Book
「お察しします」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「お察しします」とは?
  • 「お察しします」の英語と解釈
  • 「お察しします」の表現の使い方
  • 「お察しします」を使った例文と意味を解釈
  • 「お察しします」の類語や類義語・言い換え


「お察しします」とは?

「お察しします」「推測すること」「本当の意図を汲み取って理解する」という意味を持っています。

また、「同情する」という意味もあり「推し量って考える」「思いやる」「細かく取り調べる」などの解釈ができます。

  • 「お察しします」の読み方

「お察しします」の読み方

「お察しします」は、「おさっしします」という読み方になりますが、難しい漢字は使われていないので、間違いのないようにしっかりとチェックしておきましょう。



「お察しします」の英語と解釈

「お察しします」を英語で訳すなら、“I know how you feel”“I understand how you are feeling”などの言葉で表現することができます。

「お察しします」の表現の使い方

「お察しします」「相手のことを理解すること」などの他に「同情する」という意味もあります。

そのようなことから「心中お察しします」という言い回しで、相手に悲しい出来事が起こった時や、悲しい気持ちや辛い気持ちに共感する時などで使うこともあります。



「お察しします」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「お察しします」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることがしましょう。

  • 「お察しします」を使った例文1
  • 「お察しします」を使った例文2

「お察しします」を使った例文1

「今までの疲労が重なり、心身的に辛い毎日を送られているとお察し申し上げます」

この例文では、相手の方の苦労を推し量って、労りの言葉を言っている所でしょう。

とてもきつく疲れている片のこと心配していることを表現しています。

誰でも疲れて、精神的に参っている人を目にすると、何とか励まして元気づけたいと思うのが普通の気持ちではないかと思います。

「お察しします」を使った例文2

「何卒、弊社の諸事情をお察しいただきませようお願いいたします」

このような文書はビジネスシーンで時々使われることがあります。

自社の苦しい状況を取引先に理解を求めていることを指しています。

経営が苦しくなり、買掛金の支払いに猶予をもらうことをお願いしたり、トラブル解消のために、必死に動いている場面でのことなど、一方の企業が苦しくなって、相手側にそのことを理解してもらうためのお願いでもあります。

「お察しします」の類語や類義語・言い換え

「お察しします」に近い言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「拝察する」【はいさつする】
  • 「お見受けする」【おみうけする】

「拝察する」【はいさつする】

「拝察する」とは「察すること」の謙譲語で、「拝」「拝む(おがむ)」ことを表していますので、謙遜として気持ちを指しています。

「拝む」「感謝を示す行為」であることから「拝察」「ありがたく察する」という気持ちが含まれています。

とても相手を敬った言い方です。

「お見受けする」【おみうけする】

「お見受けする」とは、「見てとる」「見て判断する」という意味を持っており、「相手の事情や心中を判断する」というニュアンスがあります。

そのために「お見受けする」を使う場面としては、「相手の状況を推測する」場合になってきます。

icon まとめ

「お察しします」という言葉の意味や具体的な活用場面を紹介してきましたが、この言葉は、日常生活の場面でよく当てはまることがあります。

特に仕事では、よく使うことになりますので、正しい使い方をマスターしておくと、とても便利な表現法となります。