意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「あえかな」の意味とは!言葉を徹底解説

「あえかな」とは、「美しくてか弱げなさま」「弱々しくて儚げなさま」を意味する言葉です。

「あえかな」「意味・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

あえかな

Meaning-Book
「あえかな」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「あえかな」とは?
  • 「あえかな」の表現の使い方
  • 「あえかな」を使った例文と意味を解釈
  • 「あえかな」の類語や類義語・言い換え


「あえかな」とは?

「あえかな」という形容動詞の連体形の表現は、「美しくてか弱げな様子」「弱々しくて儚げ(はかなげ)なさま」を意味しています。

「あえかな」の形容動詞の終止形は「あえかだ」であり、一般的には「あえか」という言葉で国語辞書などに掲載されています。

例えば、「私のあえかな恋心は、あれから何年も経った今でも心の中に残っています」といった文書で、「あえかな」の意味を分かりやすく伝えることができます。



「あえかな」の表現の使い方

「あえかな」の表現の使い方は、「人物(女性)・草花などが美しくてか弱いさまを見せている時」に使うという使い方になります。

また「あえかな」という表現は、「華奢(きゃしゃ)で弱々しい様子」「儚げで今にも消えてしまいそうな感じ」を意味して使われます。

例えば、「彼女のあえかな希望が、正に今、消えようとしていました」といった文章で、「あえかな」の表現を使用できます。

「あえかな」を使った例文と意味を解釈

「あえかな」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「あえかな」を使った例文1
  • 「あえかな」を使った例文2

「あえかな」を使った例文1

「野原にぽつんと咲いている可憐であえかなスミレの花を見つけて、心が癒されました」

この「あえかな」を使った例文は、「野原にぽつんと咲いている可憐で美しくもか弱い姿をしたスミレの花を見つけて、心が癒された」ということを意味しています。

「あえかな」を使った例文2

「私が子供時代から持っていたあえかな夢は、少しでも人の役に立てるような仕事をしたいということでした」

この「あえかな」を使った例文は、「私が子供時代から持っていた頼りなくて儚い(はかない)感じの夢は、少しでも人の役に立てるような仕事をしたいということだった」を意味しています。



「あえかな」の類語や類義語・言い換え

「あえかな」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「か弱い・美しい」
  • 「儚い・頼りない」

「か弱い・美しい」

「あえかな」の類義語・言い換えには、「か弱い・美しい」があります。

「あえかな」という表現は、「女性や草花などが、美しくてか弱げな様子」を意味しています。

その意味合いから、「あえかな」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「か弱い・美しい」という言葉を指摘できます。

「儚い・頼りない」

「あえかな」の類語・言い換えとして、「儚い・頼りない」があります。

「あえかな」という表現は、「儚げで弱々しい様子」「力強さがなくて頼りないさま」を意味しています。

その意味合いから、「あえかな」という表現は、「儚い・頼りない」という表現で言い換えることができます。

icon まとめ

「あえかな」という言葉について徹底的に解説しましたが、「あえかな」には「美しくてか弱げなさま」「弱々しくて儚げな様子」などの意味があります。

「あえかな」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「か弱い・美しい」「儚い・頼りない」などがあります。

「あえかな」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。