意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ウィットに富む」の意味とは!言葉を徹底解説

皆さんは普段の会話の中で、「ウィットに富む」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

この言葉には、相手を楽しませたり、和ませるような時に出てくる言葉です。

今回はこの「ウィットに富む」にフォーカスを当てて見ていこうと思います。

ウィットに富む

Meaning-Book
「ウィットに富む」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「ウィットに富む」とは?
  • 「ウィットに富む」の表現の使い方
  • 「ウィットに富む」を使った例文と意味を解釈
  • 「ウィットに富む」の類語や類義語・言い換え


「ウィットに富む」とは?

「ウィット」とは、英語の“wit”を語源としており、「機知」「機転」といった意味があります。

そのことから「ウィットに富む」とは「ユーモアがある」「相手の言葉に対する切り返しが上手」「的を得ている」「理解もできて楽しめる内容」という意味があります。



「ウィットに富む」の表現の使い方

「ウィットに富む」は、トークが面白くて楽しくなるような時に「ウィットに富んだ会話」と使ったり、「ウィットに富んだ人」「ウィットに富んだアクション」というように言葉以外でも、使うことができます。

この時は「人を楽しませてくれる人やアクション」という理解ができます。

「ウィットに富む」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「ウィットに富む」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「ウィットに富む」を使った例文1
  • 「ウィットに富む」を使った例文2

「ウィットに富む」を使った例文1

「彼女はいつもウィットに富んだトークができるので、楽しい人だね」

「ウィットに富んだ会話」というのは、ユーモアがありながなら、その会話内容はとても表現が豊かなので、とても機転が利いているような印象を感じることができるニュアンスがあります。

このような会話ができると、聞いている相手も話がとても楽しくなってきます。

このような「ウィットに富んだ会話」ができる女性とは、「頭が良くて、性格の良い女性」というイメージをなるでしょう。

「ウィットに富む」を使った例文2

「彼はウィットに富むジョークを、いつも言ってくれるので、その場を和ませてくれる力があって魅力的なのです」

周りに重たい緊張が広がっていたり、ある人の真面目すぎる言葉や態度で、辺りが気まずい雰囲気になってしまうことがあります。

そのような時に「ウィットに富むジョーク」を言うことで、一気にその場を和ませることがあるのですが、単なるジョークを言うと、ひんしゅくを買ってしまい、相手を怒らせてしまうこともあります。

しかし、「ウィットに富むジョーク」であったなら、思わず笑ってしまうようなジョークになりますので、こんなことができる「彼」もまた、魅力的な人なのです。



「ウィットに富む」の類語や類義語・言い換え

「ウィットに富む」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「発想力豊かな」【はっそうりょくゆたかな】
  • 「機転の利いた」【きてんのきいた】

「発想力豊かな」【はっそうりょくゆたかな】

「発想力豊かな」「ウィットに富む」の類義語として扱うことができます。

「柔軟な対応や提案のできる状態」という意味になります。

「機転の利いた」【きてんのきいた】

「機転の利いた」という言葉も使える表現で、「知的な才能があるさま」という意味になります。

頭の回転が速い人は、ちょっとしたことでも、楽しい言葉を置き換えて、人を楽しませることができますが、まさに「機転が利いた人」と言えるでしょう。

icon まとめ

「ウィットに富む」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、この言葉は身近な生活の中だけでなく、ビジネスの場面でも使うことができる表現です。

人は、毎日、色々な人とコミュニケーションを取ります。

その中には相手の気分を害する言葉であったり、怒りを覚えるようなこともあります。

しかし、そんな時に「ウィットに富む」言葉で相手を楽しませたり、その場を明るくさせることができるのであれば、とても素晴らしいことではないかと思います。

このような力を身に付けて、周りの人達を楽しませたいものです。