意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「流言」とは?意味や使い方!例文や解釈

「流言」とは、「客観的な根拠のない噂を言いふらすこと・その噂話」を意味する言葉です。

「流言」「意味・読み方・使い方・流言を使った言葉・例文と解釈・流言と噂話の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

流言

Meaning-Book
「流言」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「流言」とは?
  • 「流言」の表現の使い方
  • 「流言」を使った言葉と意味を解釈
  • 「流言」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「流言」と「噂話」の意味の違い
  • 「流言」の類語や類義語・言い換え
  • 「流言」の英語と解釈


「流言」とは?

「流言」という表現は、「客観的な根拠のない噂(デマ)を言いふらすこと」「世の中(他者)に言いふらされた根も葉もない噂話」を意味しています。

「流言」というのは、「人・物事に対する噂話が広い範囲に流れること」「世の中に広められた具体的根拠のない噂話」を意味する表現なのです。

  • 「流言」の読み方

「流言」の読み方

「流言」の読み方は、「りゅうげん」になります。

「流言」の慣用的な読みとして、「るげん」と読まれることもあります。



「流言」の表現の使い方

「流言」の表現の使い方は、「根も葉もない無責任な噂話が広まっている状態がある時」「客観的根拠のない噂話を指示する場合」に使うという使い方になります。

例えば、「悪意のある流言を信じて誰かに広めれば、誰かが人知れず苦しむことになります」といった文章において、「流言」の表現を正しく使用することができます。

「流言」を使った言葉と意味を解釈

「流言」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「流言飛語」【りゅうげんひご】
  • 「流言に惑わされる」【りゅうげんにまどわされる】
  • 「流言を広める」【りゅうげんをひろめる】

「流言飛語」【りゅうげんひご】

「流言飛語」という四字熟語は、「人から人へと口づて(口コミ)で伝わる根も葉もない噂話・根拠のない世の中に広まった噂話」を意味しています。

例えば、「世情が混乱してくると、人々の間に無責任な流言飛語が飛び交うことになります」といった文章で使用することができます。

「流言に惑わされる」【りゅうげんにまどわされる】

「流言に惑わされる」という表現は、「客観的根拠のない噂話に、影響されてしまうこと、気持ちや判断が乱れてしまうこと」を意味しています。

例えば、「流言に惑わされた私は、大切な友達を傷つけてしまいました」といった文章で使用できます。

「流言を広める」【りゅうげんをひろめる】

「流言を広める」という表現は、「根も葉もない噂話を、他者や世の中に広めること」を意味しています。

例えば、「面白おかしく流言を広める人は、その流言の持つ当事者に対する影響力を自覚していないのです」といった文章で使われます。



「流言」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「流言」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「流言」を使った例文1
  • 「流言」を使った例文2

「流言」を使った例文1

「私の家族・親戚にまつわる流言に、長期間にわたって苦しめられてきました」

この「流言」を使った例文は、「私の家族・親戚にまつわる根拠のない悪意のある噂話に、長期間にわたって苦しめられてきた」ということを意味しています。

「流言」を使った例文2

「流言に惑わされて態度を変える人が多いからこそ、何の根拠(証拠)も無しに、いい加減な噂を流して喜ぶ人がいるのです」

この「流言」を使った例文は、「根も葉もない噂話に影響されて態度を変える人が多いからこそ、何の根拠(証拠)も無いのに、いい加減な噂を流して喜ぶ人がいる」ということを意味しています。

「流言」と「噂話」の意味の違い

「流言」「噂話(うわさばなし)」の意味の違いは、「噂話」の表現は「世間で言いふらされている話題・特に誰かについて言いふらされている内容」を意味していますが、「流言」の表現は「客観的な根拠のない噂話・特定の個人に関する噂話以外の内容も多い」を意味しているという違いがあります。

また、「流言」は基本的に「根も葉もない根拠のない噂話」を意味していますが、「噂話」には「根拠のある言いふらされている話題」も含まれているという違いがあります。

「噂話」には「誰か(何か)についての世間話」という意味合いがありますが、「流言」には「世間話(せけんばなし)」の意味はないという違いもあります。

「流言」の類語や類義語・言い換え

「流言」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「デマ・噂話」
  • 「流説・風説」
  • 「風評・虚報」

「デマ・噂話」

「流言」の類義語・言い換えとして、「デマ・噂話」があります。

「流言」という言葉は、「根も葉もない噂話」「具体的根拠のない無責任なデマ(虚言の情報)」を意味しています。

その意味合いから、「流言」の表現は「デマ・噂話」という表現に言い換えられるケースがあるのです。

「流説・風説」

「流言」の類語・言い換えには、「流説・風説」があります。

「流説」という表現は「世間に広められている根拠のない噂・流言」ということを意味していて、「風説」という表現は「世間に広まっている噂・評判」ということを意味しています。

世間に広まっている根も葉もない噂話を示す「流言」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「流説・風説」という表現を上げられます。

「風評・虚報」

「流言」の類義語・言い換えとして、「風評・虚報」があります。

「風評」という言葉は「世間で色々と取り沙汰されていることの内容・噂話」ということを意味していて、「虚報」という表現は「世間に広まっている事実ではない虚偽の情報」ということを意味しています。

それらの意味合いから、「流言」という言葉と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「風評・虚報」という表現を上げることができます。

「流言」の英語と解釈

流言 meaning in english

「流言」という言葉を英語で表現すると、以下のようになります。

“rumors”(噂話・流言)

“gossip”(ゴシップ・醜聞・悪い内容で広められた噂話・流言)

“slander”(悪口・誹謗中傷・名誉毀損などの内容を含む流言)

  • “The unfounded rumors spread to the neighborhood.”

“The unfounded rumors spread to the neighborhood.”

「流言」という言葉を使ったこの英語の例文は、「根拠のない噂話を近所に広められました」ということを意味しています。

icon まとめ

「流言」という言葉について徹底的に解説しましたが、「流言」には「客観的な根拠のないいい加減な噂(デマ)を言いふらすこと」などの意味があります。

「流言」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「デマ・噂話」「流説・風説」「風評・虚報」などがあります。

「流言」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。