意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「息抜き」の意味とは!言葉を徹底解説

「息抜き」という表現を知っているでしょうか。

仕事や勉強する時も「息抜き」は必要ですよね。

ここでは「息抜き」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「息抜き」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「息抜き」とは?
  • 「息抜き」の具体例や表現の使い方
  • 「息抜き」を使った例文と意味を解釈
  • 「息抜き」の類語や類義語・言い換えなど解釈


「息抜き」とは?

「息抜き」というのは緊張を解き、気分転換のためにしばらく休むという意味です。

休息と言われることもありますね。

例えば仕事や勉強をしている時、長時間にわたって集中していると疲れてしまうのではないでしょうか。

中には「息抜き」をする時間を惜しんで仕事や勉強をするという人もいるかもしれませんが、緊張感を常に持ち続けているとどこかで疲れてしまいます。

それでは効率も良くならないですよね。

適度に「息抜き」をして気分転換をし、気持ち新たに仕事や勉強を努力するということが重要なのです。

  • 「息抜き」の読み方

「息抜き」の読み方

「息抜き」という表現は「いきぬき」と読みます。

日常的にも使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「息抜き」の具体例や表現の使い方

例えば受験勉強をしている時、とても疲れますよね。

寝不足にもなりますし、好きなことができずにストレスも溜まってしまいます。

受験勉強をしているときはテレビや外出も極力我慢しているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、だからといって勉強だけしていれば良いというわけではありません。

というのは、あまりにも勉強に集中しすぎてしまうとそれだけで疲れてしまい、効率が悪くなってしまうのです。

ときには一休みして甘いものを食べたり、のんびりお風呂に入ったりと、「息抜き」をすることが重要です。

「息抜き」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「息抜き」を使った例文1
  • 「息抜き」を使った例文2

「息抜き」を使った例文1

「適度に息抜きを忘れないようにしてください」

勉強などで集中しなければいけない時、確かに集中して勉強するということが大切です。

テレビを見ている時間を惜しんで勉強するということで、良い結果が出せるでしょう。

しかしだからといって全てを我慢して勉強だけに集中すれば良い、休憩の時間も惜しんで勉強すれば良い、というわけではありません。

適度に「息抜き」をして、勉強の効率を良くすることも重要です。

「息抜き」を使った例文2

「息抜きをしすぎて、母親に怒られてしまいました」

かといって、「息抜き」をすれば良いのかと言えばそういうわけではありません。

「息抜き」だと言って1時間テレビを見てしまったり、「息抜き」だということで頻繁に休んでしまったりすればそもそも意味がありません。

「息抜き」というのはあくまでも勉強や仕事の効率を上げるためのものですので、やりすぎは注意です。



「息抜き」の類語や類義語・言い換えなど解釈

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「休憩時間」【きゅうけい時間】
  • 「一服」【いっぷく】

「休憩時間」【きゅうけい時間】

「休憩時間」というのは労働者が労働時間の途中に自由を休息することを権利として保障されているものであり、労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間、と決められています。

仕事や運動、勉強などを一時止めて休む時にも「休憩」という表現が使われます。

「一服」【いっぷく】

「一服」というのはお茶やタバコを1回飲む、という事になります。

休息するときに「一服する」という表現が使われます。

icon まとめ

「息抜き」は誰にでも必要です。

休みすぎも問題ですが、頑張りすぎも良くありません。