意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「掃討作戦」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「掃討作戦」という言葉をご存知でしょうか?

この言葉は、日常生活の中で使われることはまずありませんが、ビジネスの世界でも使うことはほとんどないと言っていいでしょう。

そこで今回は、この「掃討作戦」について、説明をしていくことにします。

掃討作戦

Meaning-Book
「掃討作戦」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「掃討作戦」とは?
  • 「掃討作戦」を分解して解釈
  • 「掃討作戦」の表現の使い方
  • 「掃討作戦」を使った例文と意味を解釈
  • 「掃討作戦」の類語や類義語・言い換え


「掃討作戦」とは?

「掃討作戦」とは、「敵を完全に排除するための活動」、あるいは「敵を打ち消すための作戦」ということを指している言葉です。

そこに存在している敵を完全に取り除くのですから、「敵をなぎ払う」というイメージが色濃く出ています。



「掃討作戦」を分解して解釈

では、「掃討作戦」「掃討」「作戦」の2つの言葉に分けて、それぞれの言葉の意味を解釈してみます。

  • 「掃討」
  • 「作戦」

「掃討」

「掃討」とは「敵などをすっかり撃ち払うこと」「完全に取り払うこと」という意味になります。

「作戦」

「作戦」とは「戦いを展開していく上での計画のこと」を指しています。

「作戦を立てる」「作戦を練る」といったような言い回しがあります。

「作戦」というと、軍事的な要素が強いイメージがありますが、スポーツ競技からビジネスにおける事業推進、経営立案など様々な計画やその実行まで意味していることもあります。

特に軍事的要素が強い場合の「作戦」になると、戦略単位を越えた兵団の一定期間における対敵行動として解釈することになります。

「掃討作戦」の表現の使い方

「掃討作戦」とは、「敵を完全に排除するための計画」ということになるので、戦争などの軍事活動で使われることが、ほとんどです。

そのために、日常生活やビジネスシーンで用いられることがほとんどないので、国際紛争などの時事ニュースで触れるくらいでしょう。



「掃討作戦」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「掃討作戦」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「掃討作戦」を使った例文1
  • 「掃討作戦」を使った例文2

「掃討作戦」を使った例文1

「来年の1月15日までに、中東方面の敵軍の掃討作戦を実施することにした。今はそのための準備に取りかかっているところだ」

「掃討作戦」という言葉を使う場面としては、このようなケースが典型的な活用例でしょう。

年明けの闘いを前にかなりの物資の準備や兵力の増強で慌ただしい環境にあるはずです。

「掃討作戦」を使った例文2

「掃討作戦を敢行することを検討する一方で、和睦の道も模索している」

このようなことも、軍事行動の中でよくあることです。

できるだけ戦いを避けて、和平の道を探して、水面下で必死の交渉をしていることもあります。

できるだけ犠牲者を出さずに、生き残る道を探すことも、戦術の1つと言えるでしょう。

「掃討作戦」の類語や類義語・言い換え

「掃討作戦」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「殲滅作戦」【せんめつさくせん】
  • 「電撃作戦」【でんげきさくせん】

「殲滅作戦」【せんめつさくせん】

「殲滅作戦」「掃討作戦」と同じ意味を持つ類義語として置き換えることができるでしょう。

「圧倒的な強い力で終わらせる作戦」、または「完全に敵軍を消し去る作戦」と意味付けることができます。

しかし、この「殲滅」という言葉には、全く妥協というニュアンスが存在しないような感じがします。

「電撃作戦」【でんげきさくせん】

「電撃作戦」という言葉もありますが、「電気が流れるように目にも止まらないスピーディな襲撃の作戦」という意味になります。

「一気に相手を叩く」という意味では、「掃討作戦」に近い意味合いがありそうです。

icon まとめ

「掃討作戦」という言葉の意味や活用シーンを紹介してきましたが、やはり軍事的なケースでの使い方になっています。

ビジネスシーンで活用することは、ちょっと難しい印象がありますが、もしかすると活用できる場面があるかもしれません。