意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「時間制限」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「時間制限」、という表現を知っているでしょうか。

生活をしているとよく聞く表現の1つですよね。

ここでは「時間制限」という表現について詳しく紹介していきます。

時間制限

Meaning-Book
「時間制限」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「時間制限」とは?
  • 「時間制限なし」居酒屋の意味
  • 「時間制限」の表現の使い方
  • 「時間制限」を使った例文と意味を解釈
  • 「時間制限」の類語や類義語・言い換え


「時間制限」とは?

「時間制限」というのは、何かをする時にそのときの時間や開始から一定時間が経つと実行できなくなるということを指しています。

例えば、「時間制限」ありのビュッフェなどに行くと、1時間半や2時間などの「時間制限」で食事が楽しめるということがありますよね。

その時間内であれば食事が楽しめますが、その決められた時間が過ぎたら食事ができなくなります。

また、ゲームセンターならば13歳以下は17時まで、18歳以下は22時まで立ち入りが可能ですが、それ以降は立ち入りができないように「時間制限」がなされています。

これは年齢に応じた「時間制限」が設定されているといえます。

  • 「時間制限」の読み方

「時間制限」の読み方

「時間制限」という表現は「じかんせいげん」と読みます。

日常的にもよく聞く表現ですので、よく覚えておきましょう。



「時間制限なし」居酒屋の意味

「時間制限」なしの居酒屋というのは、基本的にはどの時間帯でも飲み放題という居酒屋を探しています。

居酒屋によっては、例えば夕方5時以降であれば飲み放題、2時間以内であれば飲み放題、などという「時間制限」を設けていることもありますが、最近ではそのような「時間制限」を設けない、つまり「時間制限」なしの居酒屋も増えています。

個人で飲みに行くならば2時間ほどあれば十分ですが、友達と飲みに行ったりするとあっという間に2時間が経ってしまいますよね。

そのため、「時間制限」なしの居酒屋の方が安心だという人も多いのではないでしょうか。

「時間制限」の表現の使い方

「時間制限」という表現はあらゆる場所で使われています。

例えば、切符を買ったら2時間まで乗り物に乗れるという場合は2時間という「時間制限」が設けられているということになりますし、駅などに設置されているロッカーには24時間以内という「時間制限」がありますね。

ビュッフェや飲み放題に「時間制限」が課せられていることも珍しくありません。



「時間制限」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「時間制限」を使った例文1
  • 「時間制限」を使った例文2

「時間制限」を使った例文1

「2時間以上乗りたい放題という時間制限がいますので気をつけてください」

遊園地等の切符には、「時間制限」が設けられていることもあります。

2時間以内であれば乗りたい放題というものもあれば、4時間放題であれば乗りたい放題、ということもあるかもしれませんね。

その時間が少しでも過ぎてしまうと使えなくなってしまいますので、「時間制限」がある場合には時間の配分に注意しなければいけません。

「時間制限」を使った例文2

「あのビュッフェの時間制限は1時間なので、短すぎて何も食べられません」

ビュッフェの「時間制限」が1時間の場合、短すぎて何も食べた気がしないと感じる人もいるかもしれませんね。

1時間と言えば、食べたいものを食べ、お腹がいっぱいになったところで終わり、といった感じではないでしょうか。

最近では2時間という「時間制限」が設けられているレストランなども増えています。

さらに一般的なバイキングであれば時間無制限ということも珍しくないですね。

「時間制限」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「タイムリミット」
  • 「タイムアップ」

「タイムリミット」

タイムリミットという表現には自力で許される時間、制限時間、そして時間切れ、という意味があります。

例えば、「タイムリミットは午後5時までです」といった使われ方があります。

「タイムアップ」

タイムアップという表現には時間が切れる、一定の時間が終わる、という意味があります。

例えば、2時間のビュッフェで2時間が経過したときにタイムアップという表現が使えます。

icon まとめ

「時間制限」という表現は日常的にも使われますのでしっかり覚えておきましょう。

時間が切れてしまうとルールが変わる場合もありますので、「時間制限」のルールはしっかりとチェックしておく必要があります。