意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「差別化」の意味とは!言葉を徹底解説

「差別化」という表現を知っているでしょうか。

「差別化」といっても差別とは違います。

ここでは「差別化」という言葉について詳しく紹介していきます。

差別化

Meaning-Book
「差別化」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「差別化」とは?
  • 「差別化」の具体例や表現の使い方
  • 「差別化」を使った例文と意味を解釈
  • 「差別化」の類語や言い換えなど関連語と解釈


「差別化」とは?

「差別化」というのはアメリカ合衆国のハーバード大学経営大学院教授、マイケル・ポーターによって提唱された競争戦略の1つです。

製品やサービスを含む商品を他の会社の商品と比較し、機能やサービスなどに違いを設けることで競争上有利に立とうとする考え方を指しています。

例えば、他のお店と同じ商品を同じ値段で売っているだけでは、お客さんを呼び込めないですよね。

例えば他の店と同じ値段であったとしても、同じ商品を同じ値段で売っているだけでは、他のお店にお客さんをとられてしまう可能性があります。

それを防ぐため、斬新なデザインやブランドイメージ、広告などで商品が優れているということを強調し、他の会社の商品とは何が違うのかということを明確にさせる、ということが「差別化」になるのです。

  • 「差別化」の読み方

「差別化」の読み方

「差別化」「さべつか」と読みます。

最近は企業のみならず、大学等でも差別化がなされていると言われています。



「差別化」の具体例や表現の使い方

例えば大学が新入生を呼び込む時、他の大学と同じプログラムなどを主張しているだけでは意味がありません。

自分の大学には他の大学にないこのような授業が存在する、この大学にはこのようなシステムが存在し、これは他の大学では見られない、などとその大学ならではのシステムを強調することで「差別化」を図ることが可能になります。

そのために大学のパンフレットなどに斬新なデザインを導入したり、卒業生の声などを寄せたりするところもありますね。

他の大学とは違う、この部分が他の大学と比べて優れている、ということを明確にしてこそ、「差別化」が可能になります。

「差別化」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「差別化」を使った例文1
  • 「差別化」を使った例文2

「差別化」を使った例文1

「企業は差別化を図り、就活生を取り入れている」

企業が「差別化」を図るときは商品を売るときだけではありません。

就活生が就職活動をする時、やはりスマートな就活生が欲しいと思いますよね。

頭の良い就活生に来てもらうため、他の企業とは「差別化」を図る企業が増えているのです。

自分たちの企業で働けばどのようなメリットがあるのか、自分たちの企業ならばどのような仕事ができるのか、といったポイントを強調し、頭の良い就活生を集めようとしていると言われています。

「差別化」を使った例文2

「最近はショッピングモールの差別化が激しくなっています」

最近はショッピングモールが増えていますよね。

むしろあちらこちらにショッピングモールがあり、ありがたみがないと感じる人も多いのではないでしょうか。

しかしそのようなショッピングモールではどのようなショップを取り入れるのか、フードコートにどのようなお店を取り入れるのか、などといった「差別化」がなされています。

ブームな商品を取り入れていくことで、他のショッピングモールからお客さんを取り入れようとしていく工夫がなされています。



「差別化」の類語や言い換えなど関連語と解釈

これは類義語を紹介します。

  • 「特徴を出す」【とくちょうをだす】
  • 「際立たせる」【きわだたせる】

「特徴を出す」【とくちょうをだす】

「特徴を出す」というのは独自色を出す、アピールする、という意味になります。

自分たちの独自色を表に出し、他のところよりも違うという点を強調しているのです。

「際立たせる」【きわだたせる】

「際立たせる」という表現は人や物を一段とよく見せる、引き立てる、という意味になります。

一段とよく見せ、他のものとは違うということを見せつけてこそ「差別化」が可能になります。

icon まとめ

「差別化」というのは「差別」とは違いますので気をつけましょう。

あくまで他との違いを強調する、という意味になります。