意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「範疇」とは?意味や使い方!例文や解釈

「範疇」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「範疇」という言葉を使った例文や、「範疇」の類語を紹介して行きます。

範疇

Meaning-Book
「範疇」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「範疇」とは?
  • 「範疇」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「範疇」を使った例文や短文など
  • 「範疇」の反対語


「範疇」とは?

みなさんは「範疇」という言葉を知っているでしょうか。

「これは仕事の範疇を超えている」と感じることがあるかもしれません。

一方で、「範疇」という言葉を、初めて知った人もいるでしょう。

そこで「範疇」という言葉の意味を紹介します。

  • 「範疇」の読み方
  • 「範疇」の意味

「範疇」の読み方

「範疇」「はんちゅう」と読みます。

かなり読み方が難しい漢字が使われているため、正しく読むのが難しいかもしれません。

これを機会に「範疇」「はんちゅう」と読みましょう。

「範疇」の意味

「範疇」という言葉の意味を紹介します。

「範疇」には、「同類のものの属すべき部門」という意味があります。

「仕事の範疇を超えている」という場合は、仕事と同類に扱うべきものではないという意味があります。

例えば、上司の肩もみは、仕事と同類に属すべきものではないと思った時、「上司の方も見は仕事の範疇を超えている」と表現できます。

このように、「範疇」「同類のものの属すべき部門」という意味があります。



「範疇」の類語や類似表現や似た言葉

次に「範疇」の類語や類似表現を紹介します。

「範疇」は分類概念に関する言葉になります。

「範疇」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「種類」【しゅるい】
  • 「類」【るい】
  • 「カテゴリー」【かてごりー】
  • 「種別」【しゅべつ】
  • 「品種」【ひんしゅ】
  • 「同類」【どうるい】

「種類」【しゅるい】

「種類」という言葉は、誰でも使ったことがあるでしょう。

「種類」には、「共通の性質を持つ物事に組み分けしたもの」という意味があります。

「種類分け」という言葉には、共通の性質を持つ物事に、組み分けすることという意味があります。

「同じ種類」という言葉には、どこかしら共通の性質を持っている物事という意味があります。

例えばリンゴとイチゴは「赤い」という共通の性質があるため、「同じ種類」と言えます。

「類」【るい】

「類」には、「仲間」「種類」という意味があります。

「野菜類」という言葉には、「野菜の仲間」という意味があり、キャベツやレタス、ジャガイモなどが入ります。

また「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、同じ種類の人は、同じ種類の人を呼び寄せるという意味があります。

「カテゴリー」【かてごりー】

「カテゴリー」「範疇」という意味があるカタカナ語になります。

そのため「範疇」をカタカナ語に直したい時は、「カテゴリー」という言葉を使ってみましょう。

また「カテゴリー」には「範囲」という意味もあります。

ライブ会場のチケットの範囲分けをする時、「カテゴリー分け」などという言葉を使います。

「種別」【しゅべつ】

「種別」には、「種類による区別」という意味があります。

また「種類分け」という意味もあります。

例えば列車の「種別」には、「急行」「特急」などがあります。

「品種」【ひんしゅ】

「品種」という言葉には、「農作物などの同じ仲間」という意味があります。

例えば米の「品種」には、アキタコマチやコシヒカリなどがあります。

「同類」【どうるい】

「同類」という言葉もあります。

「同類」には、「同じ種類」という意味があります。

「私たちは同類の人間だ」という時は、もし人を種類分けするなら、同じ種類の人間だという意味があります。

また「花壇に同類の花を植える」という時は、ビオラやチューリップなど、同じ種類の花を植えるとい意味になります。

「範疇」を使った例文や短文など

次に「範疇」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「範疇」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「範疇」を使った例文1
  • 「範疇」を使った例文2

「範疇」を使った例文1

「この仕事は、私がこなせる『範疇』を超えている」

この例文には、与えられた仕事が、自分ができる範囲を超えているという意味があります。

「範疇」には、「同類のものの属すべき部門」という意味がありますが、一般的には「範囲」という意味で使われることがあります。

自分のキャパシティを超えるような仕事を与えられた時に、この例文のような文章で、心の中を表現できます。

「範疇」を使った例文2

「彼の悩みはダイエットの『範疇』に入る」

この例文は、悩んでいる男性の問題は、ダイエットの問題だという意味があります。

太っていて、動きにくい、太っていて見栄えが悪いという時は、ダイエットをすれば悩みを解決できるためです。

食生活を、気を付けて、低糖質、高たんぱくの食事をすれば、太りすぎた体を絞れるかもしれません。

このように自分が抱えている問題が、どの「範疇」に入るか冷静に考えると、解決策をみつけやすくなるかもしれません。

例えば会社に関する悩みがある時、「仕事の範疇」「人間関係の範疇」「恋愛の範疇」かを考えてみると良いかもしれません。



「範疇」の反対語

「範疇」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「範疇」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「別種」【べっしゅ】
  • 「変わり種」【かわりだね】

「別種」【べっしゅ】

「別種」という言葉には、「それとは違った、他の種類」という意味があります。

「これとは別種の品物を手に入れる」という言葉には、持っているものとは違う種類の品物を手に入れるという意味があります。

また同じキャラクターのキーホルダーを集めている時、可愛いけれどキャラが違うキーホルダーをプレゼントされた時、「それは別種だよ」などと言います。

「変わり種」【かわりだね】

「変わり種」という言葉があります。

「変わり種」には、「普通と違った種類」という意味があります。

花壇に珍しい花が咲いた時、「変わり種」などと呼ばれます。

また同じ会社には似たようなタイプの社員がいるものですが、まるで毛色が違う種類の人がいる時、「君は変わり種だね」などと言われます。

icon まとめ

「範疇」という言葉について見てきました。

同類のものの属すべき部門について、話をする時「範疇」という言葉を使ってみましょう。

また同類とは言えないと主張したい時、「範疇を超えている」などという言い回しを使ってみましょう。