意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「範疇を超える」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「範疇を超える」、という表現を知っているでしょうか。

ここでは、「範疇を超える」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「範疇を超える」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「範疇を超える」とは?
  • 「範疇を超える」を分解して解釈
  • 「範疇を超える」の表現の使い方
  • 「範疇を超える」を使った例文と意味を解釈
  • 「範疇を超える」の類語や類義語・言い換え


「範疇を超える」とは?

「範疇を超える」、というのは似た特徴を持つものが属している範囲を超えている、という意味になります。

似た特徴を持つものが属する範囲、という意味があります。

例えば、誰か特定のことに関して知識が豊富であり、すでに専門家の域に入っているという人を見たことがあるでしょうか。

何か特定の領域に関する知識が豊富であり、すでに周りからは趣味の範疇を超えている、と思われていることもあるかもしれませんね。

  • 「範疇を超える」の読み方

「範疇を超える」の読み方

「範疇を超える」、という表現は「はんちゅうをこえる」と読みます。

ビジネスでも使われますので、よく覚えておきましょう。



「範疇を超える」を分解して解釈

これは「範疇を超える」という表現を分解して紹介していきます。

  • 「範疇」
  • 「超える」

「範疇」

この言葉には、先ほども述べた通りカテゴリーという意味があります。

特定の広がりのうち、同じ性質を集めたものという意味であり、そこに含まれていない場合は「範疇を超える」、と表現されるのです。

「超える」

超えるという言葉にはある一定の数量や限度、基準等を上回る、という意味があります。

ちなみに、越えるという表現には場所や時間等を過ぎて向こうに行く、という意味があります。

「範疇を超える」の表現の使い方

これはその領域を超えている、という時に使われます。

例えば、日本はどうしても残業が美徳とされる国家ですが、だからといって日中喋ってばかりで仕事が終わらず、夜残業をすれば良いかと言われればそういうわけでは無いですよね。

むしろ、おしゃべりは仕事の範疇には含まれません、つまり、おしゃべりは仕事の範疇を超えていますので仕事とはみなされないのです。

仕事の時間は仕事に集中し、できる限り残業をしなくて済むようにすることも重要です。



「範疇を超える」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「範疇を超える」を使った例文1
  • 「範疇を超える」を使った例文2

「範疇を超える」を使った例文1

「彼女の盆栽に関する知識は趣味の範疇を超えている」

盆栽が好きだという人もいるのではないでしょうか。

盆栽は世界的にも認められている日本文化であり、美しい盆栽を育てている人もいますよね。

これに関する知識があまりにも豊富な場合、すでに趣味の範疇を超えているという人もいるかもしれません。

趣味で始めた盆栽であったとしても、もしかしたら専門家と同等の知識を持っている人もいるかもしれないですね。

「範疇を超える」を使った例文2

「彼のスポーツ好きは趣味の範疇を超えている」

運動が大好きで、ジムなどにも定期的に通っているという人もいるのではないでしょうか。

仕事をしているとなかなか運動できませんので、ジムに会費を払い、強制的に通っているという人もいるかもしれませんね。

しかし、問えば営業の仕事などをしていてすでに運動しているも同然なのに、さらにスポーツが好きでジムに通っている、日曜日はランニングなどをしている、ということであれば、おりからは「もう仕事みたいなもんだ」と思われていることもあるかもしれません。

仕事のようにスポーツをすれば、それは趣味の範疇を超えていると言えるでしょう。

「範疇を超える」の類語や類義語・言い換え

これは類義語を紹介していきます。

  • 「限度を超える」【げんどをこえる】
  • 「限界を超える」【げんかいをこえる】

「限度を超える」【げんどをこえる】

限度を超える、というのは物事が本来発揮できる以上の能力を発揮している、限界を超える、という意味になります。

最大限度を超えた状態を指します。

「限界を超える」【げんかいをこえる】

限界を超える、というのはギリギリの限りある境を超えている、という意味になります。

限界という言葉にはこれ以上、あるいはこれより外に出られないというギリギリの境を指しており、これを超えた場合に限界を超えるという表現が使われます。

icon まとめ

「範疇を超える」、という表現は日常的にも使われますので、ぜひ覚えておきましょう。

範疇という漢字も合わせて覚えられると良いですね。