意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「行き場のない怒り」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「行き場のない怒り」とは、「どこにも不満をぶつけようがない怒り」を意味する言葉です。

「行き場のない怒り」「意味・読み方・英語と解釈・使い方・行き場のない怒りを使った言葉・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「行き場のない怒り」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「行き場のない怒り」とは?
  • 「行き場のない怒り」の英語と解釈
  • 「行き場のない怒り」の表現の使い方
  • 「行き場のない怒り」を使った例文と意味を解釈
  • 「行き場のない怒り」の類語や類義語・言い換え


「行き場のない怒り」とは?

「行き場のない怒り」という表現は、「どこにも不満をぶつけようがない解消できない怒り」「誰にも責任を追及することができない種類の怒り」を意味しています。

「行き場のない怒り」というのは、「自然現象・偶然の出来事・運命・不作為などを原因とする怒り」「自分個人の感情制御の失敗に基づく自己責任の要素が強い怒り」を意味しているのです。

  • 「行き場のない怒り」の読み方

「行き場のない怒り」の読み方

「行き場のない怒り」の読み方は、「いきばのないいかり」になります。

慣用的な読み方では、「ゆきばのないいかり」と読むこともありますが、現代の常用漢字としての正式な読み方は「いきばのないいかり」になります。



「行き場のない怒り」の英語と解釈

「行き場のない怒り」という表現を、英語で書き表すと以下のようになります。

“unfocused anger, unfocused rage”(対象の焦点を定められない怒り・行き場のない怒り) “bottled-up anger”(こみ上げてくる怒り・行き場のない怒り)

「行き場のない怒り」の表現の使い方

「行き場のない怒り」の表現の使い方は、「どこにもぶつけようがない怒り」「誰も責められない怒り」を指して使うという使い方になります。

例えば、「強風でどこからか飛んできたコンクリートブロックで大怪我をした私は、行き場のない怒りを覚えていました」といった文章で使うことができます。



「行き場のない怒り」を使った例文と意味を解釈

「行き場のない怒り」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「行き場のない怒り」を使った例文1
  • 「行き場のない怒り」を使った例文2

「行き場のない怒り」を使った例文1

「行き場のない怒りに駆られて、私はその怒りを制御できずにガラス窓を殴りつけてしまいました」

この例文は、「どこにも(誰にも)気持ちをぶつけられない怒りに駆られて、私はその怒りを制御できずにガラス窓を殴りつけてしまった」ということを意味しています。

「行き場のない怒り」を使った例文2

「仕事が終わって車で帰ろうとしたら誰かのイタズラで車に傷が付けられていて、行き場のない怒りを覚えました」

この例文は、「仕事が終わって車で帰ろうとしたら誰かのイタズラで車に傷が付けられていて、誰にも責任を追及できない理不尽に対する怒りを覚えたということを意味しています。

「行き場のない怒り」の類語や類義語・言い換え

「行き場のない怒り」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「どうしようもない怒り」
  • 「やり場のない怒り」

「どうしようもない怒り」

「行き場のない怒り」の類義語・言い換えとして、「どうしようもない怒り」があります。

「行き場のない怒り」という表現は、「どうやって解消すれば良いのかが分からず、どうしようもない怒り」を意味しています。

その意味合いから、「行き場のない怒り」の表現は、「どうしようもない怒り」という表現に言い換えることができるのです。

「やり場のない怒り」

「行き場のない怒り」の類語・言い換えとして、「やり場のない怒り」があります。

「行き場のない怒り」という言葉は、「どこにもぶつけようがないやり場のない怒り」のことを意味しています。

その意味から、「行き場のない怒り」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「やり場のない怒り」という表現を上げることができるのです。

icon まとめ

「行き場のない怒り」という言葉について徹底的に解説しましたが、「行き場のない怒り」には「どこにも不満をぶつけようがない解消できない怒り」などの意味があります。

「行き場のない怒り」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「どうしようもない怒り」「やり場のない怒り」などがあります。

「行き場のない怒り」という言葉について調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。