意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「面影」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「面影」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「面影」という言葉を使った例文や、「面影」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「面影」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「面影」とは?
  • 「面影」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「面影」を使った例文や短文など


「面影」とは?

「面影」という言葉を知っているでしょうか。

「初恋相手の面影」を思い出す、という人もいるでしょう。

一方で、「面影」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「面影」という言葉の意味を紹介します。

  • 「面影」の読み方
  • 「面影」の意味

「面影」の読み方

「面影」「おもかげ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「面影」「おもかげ」と読みましょう。

「面影」の意味

「面影」という言葉の意味を紹介します。

「面影」という言葉には、「目の前にある物から思い出される様子」という意味があります。

さらに「記憶の中にある顔かたち」という意味もあります。

「初恋相手の面影」は、記憶の中にある、初恋相手の顔かたちの意味があります。

また、現在活躍しているアイドルの顔から、初恋相手の顔を思い出した時も、「面影」という言葉を使って表現できます。

このように「面影」という言葉には、「目の前にある物から思い出される様子」「記憶の中にある顔かたち」という意味もあります。



「面影」の類語や類似表現や似た言葉

次に「面影」の類語や類似表現を紹介します。

「面影」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「面差し」【おもざし】
  • 「面立ち」【おもだち】
  • 「見目」【みめ】

「面差し」【おもざし】

「面差し」「顔かたち」という意味があります。

「子供の頃の面差しが残る顔」という時は、子供の頃の顔かたちの様子が残った顔といういみがあります。

昔から同じ顔をしてるね、などと言われる人は、このような子供の頃の「面差し」が残る顔かもしれません。

「面立ち」【おもだち】

「面立ち」には、「生まれつきの顔の有様」という意味があります。

「美しい顔立ちの女性」という言葉には、生まれつき美しい顔の女性という意味があります。

「見目」【みめ】

「見目」には、「見て受ける感じの顔立ち」という意味があります。

「見目麗しい女性」には、見た感じ美しい女性という意味になります。

「面影」を使った例文や短文など

続いて「面影」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「面影」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「面影」を使った例文1
  • 「面影」を使った例文2

「面影」を使った例文1

「故郷の街を歩いていると、当時の友達の『面影』を次々と思い出す」

この例文は、久しぶりに訪れた故郷の街を歩いている人が、子供時代の友達や学生時代の友達の顔を思い出している場面を文章にしたものです。

故郷の街の公園に行けば、公演で一緒に遊んだ友達の姿が思い浮かぶかもしれません。

また故郷の街の駄菓子屋を見れば、その当時、一緒に買い物をした友達の顔が思い浮かぶでしょう。

記憶の中の顔かたちを思い出す時、「面影」という言葉を使って表現してみましょう。

「面影」を使った例文2

「甥っ子の顔を見ると、兄弟の『面影』がある」

この例文は、甥っ子の顔を見た人が、甥っ子の父である兄弟の顔を思い出した場面になります。

親子の顔は似ていることが多く、似ているパーツが少なくありません。

例えば、甥っ子の鼻を見て、兄の鼻を思い出すのは不思議ではないでしょう。

このように、目の前の物から、記憶の扉が開くようなことがある時、「面影」という言葉を使ってみましょう。



icon まとめ

「面影」という言葉について見てきました。

目の前になる物から、何かを思い出す時、記憶に残っている顔かたちを思い出す時などに「面影」という言葉を使ってみましょう。