意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「使い勝手」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「使い勝手」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「使い勝手」という言葉を使った例文や、「使い勝手」の類語を紹介して行きます。

使い勝手

Meaning-Book
「使い勝手」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「使い勝手」とは?
  • 「使い勝手」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「使い勝手」を使った例文や短文など


「使い勝手」とは?

「使い勝手」という言葉を知っているでしょうか。

「使い勝手がいい道具」を持っている人がいるかもしれません。

一方で、「使い勝手」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「使い勝手」という言葉の意味を紹介します。

  • 「使い勝手」の読み方
  • 「使い勝手」の意味

「使い勝手」の読み方

「使い勝手」「つかいがって」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「使い勝手」という言葉を使ってみましょう。

「使い勝手」の意味

「使い勝手」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「使い勝手」には、「利用のしやすさ」「使いやすさ」という意味や、「使った時の具合」という意味があります。

「使い勝手がいい道具」には「使いやすい道具」という意味があります。

何かを使った時に、「使いやすい」と感じた時、「使い勝手がいい」と言います。

逆に、使う立場から見て、「使いにくい」と感じた時は、「使い勝手が悪い」と表現します。

このように「使い勝手」には「使いやすさ」「使った時の具合」という意味があります。



「使い勝手」の類語や類似表現や似た言葉

次に「使い勝手」の類語や類似表現を紹介します。

「使い勝手」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「操作性」【そうさせい】
  • 「使用具合」【しようぐあい】

「操作性」【そうさせい】

「操作性」という言葉には、「道具や機械などの使いやすさ」という意味があります。

例えば「操作性の良い車」という場合は、「操作がしやすい車」という意味になります。

「使用具合」【しようぐあい】

「使用具合」には「使いやすさ」「しやすさ」などの意味があります。

例えば、ゴルフのドライバーを振った時、振りやすいと感じたり「使用具合が良いドライバー」と言えます。

また使い心地を試す時、「使用具合を試す」などと言います。

「使い勝手」を使った例文や短文など

続いて「使い勝手」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「使い勝手」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「使い勝手」を使った例文1
  • 「使い勝手」を使った例文2

「使い勝手」を使った例文1

「値段は安いが、『使い勝手』が悪い商品」

この例文のように、値段の安いものは、使いにくく、高価な物は使いやすいという傾向があります。

そのため何かを購入する時は、使いやすく、なおかつ値段が妥当なものを探すことが大切になるかもしれません。

また道具を買う時は、購入前に試用させてもらい、使い心地を試してから購入した方がいいでしょう。

「使い勝手」を使った例文2

「職場の上司に、お前は『使い勝手』がいいと言われる」

この例文は、上司から見て、「使いやすい」と感じさせる部下の気持ちを文章にしたものです。

おそらくこの人は素直で、指示通りに動くため、「使いやすい」と感じさせるのでしょう。

一方で、言われた本人からすれば、便利な道具のように言われることに、抵抗を感じるかもしれません。

このように人に対して「使い勝手」という言葉を使う時、例え褒め言葉のつもりでも、相手の気持ちを損なうことがあります。

「使い勝手」は道具や機械に対して使うようにして、できれば人に対しては、「使い勝手」という言葉を使わない方が良いかもしれません。



icon まとめ

「使い勝手」という言葉について見てきました。

道具などが使いやすい時、または使いにくい時などに、「使い勝手」という言葉を使ってみましょう。