意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「崇拝」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「崇拝」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「崇拝」という言葉について詳しく紹介していきます。

崇拝

Meaning-Book
「崇拝」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「崇拝」とは?
  • 「崇拝」の英語と解釈
  • 「崇拝」の表現の使い方
  • 「崇拝」を使った例文と意味を解釈
  • 「崇拝」の類語や類義語・言い換え


「崇拝」とは?

「崇拝」という言葉には偉い人だということで崇め、敬うこと、という意味があります。

一般的には尊敬して崇めるという意味になりますが、宗教においては言葉や思考などで神聖なものに対し、全的な依存を告白するということになります。

例えば、キリスト教のカトリックでは神という存在以外にイエス・キリストという存在を崇拝しており、同時にイエス・キリストの母、マリアを「崇拝」することもあります。

スペインなどのカトリックはマリア教とも言われており、聖母マリアへの信仰心が極めて強いと考えられているのです。

  • 「崇拝」の読み方

「崇拝」の読み方

「崇拝」という言葉は「すうはい」と読みます。

信仰などで使われることが多い表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。



「崇拝」の英語と解釈

崇拝 meaning in english

「崇拝」という表現を英語にすると“admiration”“worship”になります。

仏教やキリスト教などによっても表現が変わることがありますので注意が必要です。

「姉は祖父母を崇拝しています」ということであれば、“My sister is adoring her grandparents.”になります。

「崇拝」の表現の使い方

「崇拝」という表現は宗教においても使える表現ですが、尊敬している人に対して使うこともありますので、覚えておきたいものです。

例えば、知識が深い祖父母を尊敬し、「崇拝する」ということもあるかもしれませんね。

宗教においては神である存在を「崇拝する」、と表現されることもあります。

先ほども述べた通り、キリスト教では神と神の息子とされるイエス・キリスト、そしてイエス・キリストの母、マリアが崇拝される傾向にあります。

日本の神道においては八百万の神々が崇拝されています。



「崇拝」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「崇拝」を使った例文1
  • 「崇拝」を使った例文2

「崇拝」を使った例文1

「教会は神様を崇拝するための大切な場所です」

最近は日本人の中にもキリスト教徒が増えていると言われていますので、日曜日は教会に行くという人もいるかもしれませんね。

教会は「神様を崇拝」する場所であり、キリスト教の場合は聖書のメッセージを聞いたり、賛美歌を歌ったりと、神様への依存を告白したりします。

これ以外にも日曜学校などという名前で子供たちに聖書の教育がなされていることもありますし、聖歌隊などの活動が実施されている場合もあります。

「崇拝」を使った例文2

「祖母は毎日神棚を崇拝しています」

最近は神棚を設けている家も減っていると言われていますが、しっかりと「神棚を崇拝」しているという人もいるのではないでしょうか。

神棚以外にも、お仏壇がある家庭の場合はお仏壇を崇拝しているということがあるかもしれませんね。

最近は一人っ子同士の結婚が増え、お仏壇や神棚の扱いも変化しつつあると言われています。

「崇拝」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「賛美」【さんび】
  • 「偶像化」【ぐうぞうか】

「賛美」【さんび】

「賛美」という言葉にはほめたたえるという意味があります。

キリスト教においては集会や礼拝などで賛美歌が歌われることもあります。

そのような歌は聖歌と呼ばれることもあります。

「偶像化」【ぐうぞうか】

「偶像化」という言葉には崇拝や信仰の対象となる、という意味があります。

あるいは信仰の対象にする場合にも偶像化という表現が使えます。

icon まとめ

何か信仰している宗教等がある場合、崇拝が重要な行為になります。

また、他の人の信仰等に対してもしっかりと敬意を払いたいものです。

たとえ宗教が違ったとしても、お互いが信じているものに対しては尊敬の気持ちを示したいですね。