意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「提携解消」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「提携解消」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、日常の生活の中ではあまり使われることがありませんが、ビジネスの世界ではよく出てくるキーワードと言ってもいいでしょう。

そこで今回は、この「提携解消」について説明をしていくとことにします。

Meaning-Book
「提携解消」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「提携解消」とは?
  • 「提携解消」の英語と解釈
  • 「提携解消」の表現の使い方
  • 「提携解消」を使った例文と意味を解釈
  • 「提携解消」の類語や類義語・言い換え


「提携解消」とは?

「提携解消」の意味を解釈する前に「提携」「解消」の2つの言葉の意味をそれぞれに見ていきます。

「提携」とは、「協力して事を行うため互いに力を合わせること」「タイ アップする」という意味があります。

一方の「解消」には、「それまであった関係や、取決め、組織などがなくなること」「そのようなつながりを止めること」という意味になります。

そのことから、「提携解消」「協力して活動してきた関係を止めること」という意味になります。

  • 「提携解消」の読み方

「提携解消」の読み方

「提携解消」「ていけいかいしょう」という読み方になりますが、ビジネスシーンではよく出てくる言葉なので、ここで正確な読み方を押さえておきましょう。



「提携解消」の英語と解釈

「提携解消」を英語で言うと、“dissolution of the partnership”“alliance cancellation”という言葉で表現することができます。

「提携解消」の表現の使い方

「提携解消」はビジネス業界ではよく出てきますが、同じ業界の企業が結んでいる業務提携や異業種間で進めていた協業を止める時に使われることになります。

「提携解消」が行われる理由は、様々ありますが、一定期間の業務提携でメリットが生まれなかったり、お互いの思惑と異なる結果になるなどのことが起因しています。



「提携解消」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「提携解消」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「提携解消」を使った例文1
  • 「提携解消」を使った例文2

「提携解消」を使った例文1

「販売面やコスト面等の課題を冷静に検討した結果、パートナーの提携解消を進めることにしたのです」

今のビジネス業界では、同じ業界でもトップランナー企業や中堅企業の合併や業務提携がありますし、異業種間でもコラボが行われています。

しかし、当初の目的が達成できなかったりすることで、「提携解消」ということもよくあることです。

「提携解消」を使った例文2

「我が社は今まで取り組んできたB社との提携解消をすることにした。これは相互の目的を達成したからです」

「提携解消」の理由としては、必ずしもお互いの関係が悪化したからということはありません。

相互とも一定の目標値を定めており、そのことが達成したことにより、「提携し続ける」意味が薄れたこともあります。

それだけ両者ともノウハウを蓄積することができたということです。

「提携解消」の類語や類義語・言い換え

「提携解消」を他の言葉に置き換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「協業解消」【きょうぎょうかいしよう】
  • 「コラボを白紙に戻す」【こらぼをはくしにもどす】

「協業解消」【きょうぎょうかいしよう】

「協業解消」という言葉が「提携解消」の類義語として扱うことができます。

「共同で行ってきた作業や活動する関係を解消する」ということを指しています。

「コラボを白紙に戻す」【こらぼをはくしにもどす】

「コラボを白紙に戻す」という言い回しもすることができるでしょう。

「コラボ」とは「協業」のことで、「そのような関係をなかったことにする」という意味で使われます。

icon まとめ

今では全く業種が異なる企業が協業するほどに、既成概念では考えられなかった業務提携が展開されていますが、時には「提携解消」ということがメディアを騒がせています。

しかし、それだけビジネス業界の流れは激しく活発に動いているということになるのでしょう。