意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「利用価値」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「利用価値」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「利用価値」という言葉を使った例文や、「利用価値」の類語を紹介して行きます。

利用価値

Meaning-Book
「利用価値」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「利用価値」とは?
  • 「利用価値」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「利用価値」を使った例文や短文など


「利用価値」とは?

「利用価値」という言葉を知っているでしょうか。

「利用価値のある男」などという言い回しを、聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「利用価値」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「利用価値」という言葉の意味を紹介します。

  • 「利用価値」の読み方
  • 「利用価値」の意味

「利用価値」の読み方

「利用価値」「りようかち」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「利用価値」「りようかち」と読みましょう。

「利用価値」の意味

「利用価値」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「利用価値」には、「利用するに足る価値」という意味があります。

「利用価値がある」には、「利用するに足る価値がある」という意味になり、「利用価値がある男」という言葉には、「利用するに足る価値がある男性」という意味があります。

何かを利用する時、利用するだけの値打ちについて話し合う時、「利用価値」という言葉を使ってみましょう。



「利用価値」の類語や類似表現や似た言葉

次に「利用価値」の類語や類似表現を紹介します。

「利用価値」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「取り柄」【とりえ】
  • 「値打ち」【ねうち】
  • 「美点」【びてん】

「取り柄」【とりえ】

「取り柄」には、「取り立ててよいところ」「特に役立つところ」という意味があります。

「私には取り柄がない」という時は、私には取り立ててよいところがないという意味になります。

「値打ち」【ねうち】

「値打ち」には、「その物や事柄の持っている価値」という意味や、「役に立つ程度や度合い」という意味があります。

「この壺には、百万円の値打ちがある」という時は、壺が百万円の価値を持っているという意味になります。

「美点」【びてん】

「美点」には「優れたところ」「長所」という意味があります。

「彼の美点は、敬語を話せるところだ」という時は、彼の優れたところは、敬語を使いこなせることだという意味になります。

「利用価値」を使った例文や短文など

次に「利用価値」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「利用価値」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「利用価値」を使った例文1
  • 「利用価値」を使った例文2

「利用価値」を使った例文1

「都内では、マイカーの『利用価値』が低い」

この例文のように電車やバスなどの公共機関が発達している都内では、マイカーを持つことにより生じるメリットが少なくなります。

さらに都内は駐車場代も高いため、マイカーを維持するコストも地方より高くなります。

そのためマイカーの「利用価値」は低いと言えるでしょう。

それでも車を保有する人は、本当に車が好きな人、必要な人なのではないでしょうか。

「利用価値」を使った例文2

「彼女が別れを切り出したのは、私に『利用価値』がなくなったからかもしれない」

この例文のように、彼女に振られた時、思う男性がいるかもしれません。

彼女が何かしらの「利用価値」を感じて、自分に近づき、その価値がなくなったため、別れたのかもしれないためです。

裕福な男性が、裕福な時期に女性と付き合い始め、経済的に傾いた時に別れを切り出されたら、特にそのように感じるかもしれません。



icon まとめ

「利用価値」という言葉について見てきました。

何かを利用するだけの価値があるかを判断する時、利用して生じる効果について考える時、「利用価値」という言葉を使ってみましょう。