意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「相応の努力」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「相応の努力」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、普段の活動の中でも時折聞くことがあるだけでなく、私達の生活や仕事の中でもあるべき姿の1つとして受け止める必要の高い言葉でもあります。

そこで今回は、この「相応の努力」について説明をしていくします。

相応の努力

Meaning-Book
「相応の努力」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「相応の努力」とは?
  • 「相応の努力」の英語と解釈
  • 「相応の努力」の表現の使い方
  • 「相応の努力」を使った例文と意味を解釈
  • 「相応の努力」の類語や類義語・言い換え


「相応の努力」とは?

「相応の努力」「相応」「努力」の2つの言葉からなります。

その中で「相応」とは、「程度がちょうどつり合っていること」「相応しいこと」「見合っている」といったような意味を持っています。

一方の「努力」とは、「目標の実現のため心身を労して努めること」「骨を折ること」という意味になります。

このことから、「相応の努力」とは、「ある目的やゴールに見合ったレベルに達するに必要な目標実現のための行い」ということになります。

言い換えると、「それに見合った努力」ということになります。

  • 「相応の努力」の読み方

「相応の努力」の読み方

「相応の努力」「そうおうのどりょく」という読み方になりますが、難しい漢字は使われていないので、ここで正しくチェックしておいてください。



「相応の努力」の英語と解釈

相応の努力 meaning in english

「相応の努力」を英語に訳すと、“considerable effort”“reasonable effort”といった言葉で表現することができます。

「相応の努力」の表現の使い方

「相応の努力」「それに見合った努力」という意味がありますので、何か目標を持って活動する時に、その目的を達成させるために必要な労力のことを指して使うことになります。

何事もスムーズに進めるためには、「それなりの努力」つまり「相応の努力」が必要だということです。



「相応の努力」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「相応の努力」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「相応の努力」を使った例文1
  • 「相応の努力」を使った例文2

「相応の努力」を使った例文1

「彼は資格取得のために勉強をしているようが、相応の努力をしないと試験をパスすることは難しいだろう」

今のビジネス社会では、資格を取ることが進められています。

特殊な技能を持った人は、就職でも安定したニーズがあったり、客観的な評価を得やすいという利点があるからです。

そのようなニーズを意識して資格取得のために必死に勉強をしているつもりの「彼」なのですが、周りの人は、まだまだ「相応の努力」をしていないと見ているようです。

「相応の努力」を使った例文2

「もし君がこの商談を確実に成立させるたいと思うのであれば、相応の努力が必要だ」

この例文の内容は上司というとよりは、客観的に物事を見ることができる先輩や別の部署の年配者が「君」に仕事のアドバイスをしているのかもしれません。

商談を確実に成立させて契約まで漕ぎ着けるには、「相応の努力」が必要だということを諭しています。

逆に言うと、「まだまだ努力が足りない」ということになるでしょう。

「相応の努力」の類語や類義語・言い換え

「相応の努力」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるを見ていくことにします。

  • 「見合った努力」【みあったどりょく】
  • 「妥当な努力」【だとうなどりょく】

「見合った努力」【みあったどりょく】

「見合った努力」「相応の努力」の類義語として挙げることができ、「レベルに合った努力のこと」を指しています。

「妥当な努力」【だとうなどりょく】

「妥当な努力」も類義語として使うことができますが、「その条件に相応しい努力」と解釈することができます。

icon まとめ

「相応の努力」の意味や活用法を説明してきましたが、私達は何かにつけて目的を持って活動しています。

その目的を達成させるためには、「相応の努力」が必要だということを忘れてはなりません。