意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「一択」とは?意味を解説!

「一択」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「一択」という言葉を使った例文や、「一択」の類語を紹介して行きます。

一択

Meaning-Book
「一択」とは?意味を解説!>


目次

  • 「一択」とは?
  • 「一択」を使った例文や短文など


「一択」とは?

みなさんは「一択」という言葉を知っているでしょうか。

「一択」の意味や、読み方を紹介します。

  • 「一択」の読み方
  • 「一択」の意味

「一択」の読み方

「一択」「いったく」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「一択」「いったく」と読みましょう。

「一択」の意味

「一択」という言葉の意味を紹介します。

「一択」には、「それしかない」「それしか選べない」「そうするべき」などの意味があります。

例えば「今日のランチは、とんかつ一択だ」という文章には、今日のランチの選択肢はとんかつしかない、とんかつしか選べないくらい、とんかつが食べたいという意味になります。

本来は、二択、三択、もしくはさらなる選択肢がある中でランチを選びますが、そのような選択肢を持てないくらい、突出してとんかつを食べたい時に、「とんかつ一択」などと言います。



「一択」を使った例文や短文など

次に「一択」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「一択」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「一択」を使った例文1
  • 「一択」を使った例文2

「一択」を使った例文1

「結婚相手はAさん『一択』だ」

この例文は、もし結婚相手を選ぶなら、迷わずAさんだと言っている、男性の気持ちを文章にしたものです。

普通はたくさんの女性から、結婚相手を選びますが、Aさんが好きすぎて、他の女性が目に入らない状態なのかもしれません。

「一択」を使った例文2

「海外旅行をするならハワイ『一択』です」

この例文は、海外旅行に行きたい場所が、ハワイしかない、またはハワイに行きたい気持ちが突出して強いという人の発言内容になります。

二択や三択にしないことで、よりハワイに行きたい気持ちを鮮明にできます。

icon まとめ

「一択」という言葉について見てきました。

他に選ぶ余地がない時、迷わずに選びたいものがある時、「一択」という言葉を使ってみましょう。